片恋蜜月 (プリエール文庫)

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 橘かおる
制作 : Ciel 
  • 大誠社 (2015年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865180589

片恋蜜月 (プリエール文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 年の差カップルで、その年の差が気になってすれ違いになってます。
    ルイーズは自分の叔母の結婚式で幼いながらも叔母の夫ウィレムに見とれちゃってて、ほのかなあこがれを抱いていましたが、その後叔母の死によって、自分がウィレムの後妻として求婚されます。

    実際はウィレムと叔母の間には恋愛感情というよりは同志だったということですが、同志なりにウィレムが叔母の死を悼んでいるところが熱愛だったと解釈され、ルイーズがもんもんとしますし、ウィレムは年のいった自分の妻であるのは嫌だろうなんて思っちゃったりして、そのすれ違いがいい感じです。

    両思いなのに、叔母の死に陰謀が隠されていたことが分かって、それをウィレムがルイーズに伝えなかったもんだから、糸がもつれていっちゃって、もっと早く伝えていればいいのにって感じです。

    Cielさんのイラストもきれいで、ウィレムは40歳前に見えるし、ルイーズも幼い感じがして、違和感なかったです。

全2件中 1 - 2件を表示

片恋蜜月 (プリエール文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

片恋蜜月 (プリエール文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

片恋蜜月 (プリエール文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

片恋蜜月 (プリエール文庫)の作品紹介

王女ルイーズにもたさられた縁談。その相手は亡き叔母・エレンの夫で、自分の初恋の人でもあるアランメリア国王・ウィレムだった。叔母と仲睦まじい夫婦だった彼だから、きっと私のことなんて愛してくれないはず。切ない気持ちを抱くルイーズを、ウィレムは思いのほか優しく歓迎してくれて?二人で過ごす甘やかな時。大人の余裕溢れる彼に導かれ初めての快楽を知った夜-幸せな日々を送るルイーズだが、ウィレムはまだエレンを愛しているという噂が流れ始め!?

片恋蜜月 (プリエール文庫)はこんな本です

片恋蜜月 (プリエール文庫)のKindle版

ツイートする