ウォークス 歩くことの精神史

  • 104人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 東辻 賢治郎 
  • 左右社 (2017年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865281385

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ベン・ホロウィッ...
夏目漱石
トマ・ピケティ
佐藤 雅彦
エラ・フランシス...
ミシェル ウエル...
國分 功一郎
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

ウォークス 歩くことの精神史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784865281385

全1件中 1 - 1件を表示

ウォークス 歩くことの精神史を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ウォークス 歩くことの精神史を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウォークス 歩くことの精神史を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウォークス 歩くことの精神史の作品紹介

現代アメリカでもっとも魅力的な書き手のひとり、レベッカ・ソルニットの代表作、ついに邦訳!
広大な人類史のあらゆるジャンルをフィールドに、〈歩くこと〉が思考と文化に深く結びつき、
創造力の源泉であることを解き明かす。

アリストテレスは歩きながら哲学し、彼の弟子たちは逍遥学派と呼ばれた。
活動家たちはワシントンを行進し、不正と抑圧を告発した。
彼岸への祈りを込めて、聖地を目指した歩みが、世界各地で連綿と続く巡礼となった。
歴史上の出来事に、科学や文学などの文化に、なによりもわたしたち自身の自己認識に、歩くことがどのように影を落しているのか、自在な語り口でソルニットは語る。人類学、宗教、哲学、文学、芸術、政治、社会、レジャー、エコロジー、フェミニズム、アメリカ、都市へ。歩くことがもたらしたものを語った歴史的傑作。

ウォークス 歩くことの精神史はこんな本です

ツイートする