高校生と考える世界とつながる生き方 (桐光学園大学訪問授業)

  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865281422

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
エラ・フランシス...
森田 真生
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

高校生と考える世界とつながる生き方 (桐光学園大学訪問授業)の感想・レビュー・書評

  • 「私は この小説を書くときに、読んでくださる人が小学六年生までの漢字を読む力があれば読んでもらえるものと思ってこの作品を書き始めました」
    と「氷点」を書いた三浦綾子さんがいってらっしゃいました。

    この本の中で出張授業をされる先生たちは
    もちろん、その道のプロフェッショナルの方たちです
    そして、聴いている対象者たちは 中学生、高校生たち
    その語り口が そのまま 一冊の本にまとめられました

    その「語り口」を読んでいて
    冒頭の三浦綾子さんの言葉を思い起こしたのです

    本当の専門家は
    ただ感心させるだけでなく
    それなら 僕も(私も) 何かやってみよう
    そんな気にさせてくれる方なのです

  • 桐光学園中高の生徒に向けて行われた授業19回分。ちくまプリマー新書のときもそうだったけれど、読みやすい。私の頭にはちょうどいいくらいかもしれない。で、たぶん、大人が読んでもおもしろい。だいたい、お昼ご飯を食べながらで一食1回分を読んだ。で、内容はほとんど覚えていない。唯一覚えているもの。平田オリザさんがロボットの開発に関わっていて、ロボットの動きに演出を加えているというのがおもしろかった。それから、韓国で、玄関上がるときに靴を脱いで反転させると、そんなにすぐ帰りたいのかと非難されるという話。靴をそろえなさいとよく言われるし、私はいつも反転させるのだけれど、それは文化であって、普遍的なものではなかったのだ。トイレのスリッパは次に使う人のために反転させておいてほしいけどなあ。何を得たのか分からないけど、得るものは多かったはず。この前に出ている、内田先生たちが登場する方をアマゾンで注文したけど、品切れ中のようで届かない。

全2件中 1 - 2件を表示

高校生と考える世界とつながる生き方 (桐光学園大学訪問授業)の作品紹介

「オリンピックの建築は大災害で人間が謙虚な気持ちになれた新しい時代を象徴しなければなりません」―隈研吾
「「似ているけれどやっぱり違うんだよね」というところから出発する」―平田オリザ
 明日を生きるために何が必要か、世界で活躍する豪華講師19人が中高生に向き合い真剣に語ります。建築やアート、音楽をはじめ、憲法・政治・コミュニケーション・文学・国際情勢・日本近代史など、さまざまな分野から考える好評シリーズ第2弾。この1冊で世界の成り立ちが見えてくる。

高校生と考える世界とつながる生き方 (桐光学園大学訪問授業)はこんな本です

高校生と考える世界とつながる生き方 (桐光学園大学訪問授業)のKindle版

ツイートする