おひとりさまでした。 ~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

  • 14人登録
  • 4.60評価
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 天那光汰
制作 : 烏羽 雨 
  • ポニーキャニオン (2016年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865291902

おひとりさまでした。 ~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アラサー男が誰かと一緒に食べたいと思ったときに現れる悪魔娘が食事しまくるだけの連作短編集です。
    どれも美味しそうだしちょっと切なくなります。
    私は中華店のラーメンが食べたくなりました。
    続きが書けそうだけれどでるのかな?ぜひ読みたいです。

    でも主人公の言動がそこら辺の高校生みたいで残念。

全1件中 1 - 1件を表示

天那光汰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カルロ・ゼン
まぐろ 猫@恢猫
有効な右矢印 無効な右矢印

おひとりさまでした。 ~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)を本棚に登録しているひと

おひとりさまでした。 ~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おひとりさまでした。 ~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おひとりさまでした。 ~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

おひとりさまでした。 ~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)の作品紹介

なろうコン大賞作品。

旨い飯を一人で食う。それだけで充分幸せだ。だけどもし、隣に誰かいたら―――。

速見誠一郎29歳、独身。恋人もなし。趣味は食べ歩きと、一日一冊の読書。
一人の時間をこよなく愛する誠一郎は、一人きりの食卓に並ぶ料理を日々笑顔で見つめていた。
そんな誠一郎はある日突然、偶然にも魔界の悪魔を召喚してしまう。
リリスと名乗る悪魔娘に、願いを一つ叶えてやると言われた誠一郎。
……後になって振り返る。自分は何故、あんな願いを口にしたのだろうと。
この話は、アラサー男が悪魔娘と飯を食う。たったそれだけのお話です。

2016 天那光汰/ポニーキャニオン

おひとりさまでした。 ~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)はこんな本です

おひとりさまでした。 ~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)のKindle版

ツイートする