聖樹の国の禁呪使い 3 (オーバーラップ文庫)

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 篠崎芳
制作 : 〆鯖コハダ 
  • オーバーラップ (2015年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865540444

聖樹の国の禁呪使い 3 (オーバーラップ文庫)の感想・レビュー・書評

  • お風呂のイチャイチャとかマッサージでモミモミとかで終わるコミカルストーリー…しかない。
    異世界バトルを期待して読み進み、最後までイチャイチャで終わった時のガッカリ感、読者として間違った傾向の本を選んでしまった。失敗です。
    異世界ハーレムものが好きな人向きの話。

全1件中 1 - 1件を表示

聖樹の国の禁呪使い 3 (オーバーラップ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

聖樹の国の禁呪使い 3 (オーバーラップ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

聖樹の国の禁呪使い 3 (オーバーラップ文庫)の作品紹介

第八禁呪を習得し、なんとか巨人を討伐したクロヒコ。そんな彼の前に第6院出身であるロキアが現れる。
身構えるクロヒコだが、ロキアはノイズ・ディースの話を切り出し――。
「テメェは正しく道を間違えれば、最高の邪悪になれる可能性がある」
ロキアの言葉が気になりつつも、マキナと四凶災との因縁を知ることになったクロヒコは、キュリエたちと共にシーラス浴場へ向かうことに。
彼女たちのため、クロヒコはある行動を開始する。
「見ていろ。ここからが――俺の手番だ」

聖樹の国の禁呪使い 3 (オーバーラップ文庫)はこんな本です

聖樹の国の禁呪使い 3 (オーバーラップ文庫)のKindle版

ツイートする