異世界迷宮の最深部を目指そう 5 (オーバーラップ文庫)

  • 22人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 割内タリサ
制作 : 鵜飼沙樹 
  • オーバーラップ (2015年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865540741

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

異世界迷宮の最深部を目指そう 5 (オーバーラップ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4巻から約3ヶ月での刊行と、珍しくペースが早い。5巻はカナミことジークが武闘大会に出場し、腕輪を破壊され記憶を取り戻すまで。5巻の大半は普通に武闘大会を勝ち進む話なので、迷宮のめの字も出てこない。嵐の前の平穏、嘘の幸福、お膳立てされた幸せ、そして次巻までのタメといったところか。

  • タイトル偽りはよくあるので気にはしない。

    いろいろとリセットされてさて、新展開、という所。
    最後の大暴露大会はきっと笑うところなんだろうなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示

異世界迷宮の最深部を目指そう 5 (オーバーラップ文庫)の作品紹介

《全て》を、思い出す

「三十層の守護者を打ち破ったら、真実を教えてやる」
パリンクロンにそう告げられ、舞闘大会に出場することになったカナミ。
その後、スノウの提案により竜退治に旅立ったカナミは、リーパーと話すうち、自身の置かれた状況に疑念を抱く。
記憶喪失の元凶が腕輪だと考えたカナミはローウェンに腕輪の破壊を相談するが、なぜかその依頼を拒否されてしまい……。
方法を探すカナミに手を差し伸べたのは、かつての彼を知るラスティアラで――!?
因縁渦巻く舞闘大会が幕を開け、自身の誓いを違わなかったとき――
少年は《全て》を思い出す。

異世界迷宮の最深部を目指そう 5 (オーバーラップ文庫)はこんな本です

異世界迷宮の最深部を目指そう 5 (オーバーラップ文庫)のKindle版

ツイートする