北欧スタイルの料理・収納・インテリア ときめき家事。

  • 16人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 坂梨みさと
  • オーバーラップ (2017年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865542301

北欧スタイルの料理・収納・インテリア ときめき家事。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  一般人のブログを書籍化したもののようだ。
    この手の本づくり、少なくないよね。自分が見つける範囲だと、ペット写真集とか写真関連が多いけど、ブログ、Instagramでの投稿が人気となり書籍化… って、ならOn Lineで見ればいいじゃない、ってところだけど、古い世代は、手に取って眺めたい、手元に置けることでちゃんと見れるという感覚は分かるな(ま、自分も古い世代だ・苦笑)。

     とはいえ、買ってまでというのはある。実は、いただきものなので、そこはありがたく拝読させてもらった。

     ブログの書籍化とはいえ、もとのブログよりは写真も洗練され(プロが撮りなおしてる)、文章も日々のブログの書きなぐりよりかはまとめられている。けど、一般人のブログのテイストを残しつつ、表現が言いきりでなくソフト、あるいは「こうすべき」とかの押し付けもなく、時には失敗談も交え、日々の家事も「いつも出来てるわけではない」という遠慮がちな記述も好感が持てる。

     が、「北欧スタイル」と言い切るところは違和感かな(-公-)
    せめて「北欧風」として欲しい。元のブログのタイトルにはない。書籍化にあたってのことなのか。

     まず、ざっと見て気づくけど、ほとんどフィンランドなんだよね。カイ・ボイスンあたりで、やっとデンマークが出てくるけど、MERCEROだって日本のメーカーがルイス ポールセンの真似っこで作ったものだし、家具のunicoも日本のデザインだしね。
     気取らず、無印や100均、300均のシンプルな商品も取り入れているところが生活感があっていいところなんだけど、なら、なおさら「北欧風」だよね、と思うところか。

     欧米の人が、日本風の部屋をコーディネートしたら、障子があって床の間があって、盆栽があるけど、掛け軸の代わりに「喜喜」と書いた中華風の赤い額が掛かってるような、そんな違和感を醸し出している気がしないでもない。
     ま、日本人の思う 「北欧」イメージなのでしょう。

     そのイメージ、ライフスタイルを等身大、一般人の目線、感覚で実現させた創意工夫を見るには良いと思います。ちょっとした生活の知恵、工夫は参考になります。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

北欧スタイルの料理・収納・インテリア ときめき家事。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

北欧スタイルの料理・収納・インテリア ときめき家事。を本棚に「積読」で登録しているひと

北欧スタイルの料理・収納・インテリア ときめき家事。のKindle版

ツイートする