日本メディアアート史

  • 39人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 馬定延
  • アルテスパブリッシング (2014年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865591163

日本メディアアート史の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

日本メディアアート史を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本メディアアート史を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本メディアアート史を本棚に「積読」で登録しているひと

日本メディアアート史の作品紹介

ビデオ×アート、
コンピュータ×アート、
情報×アート。
日本の技術革新とともに進化してきた
“今いちばん熱い芸術”を一望する。

草月アートセンター、大阪万博、つくば科学博、ARTEC、セゾン文化、ARTLAB、ICC、そして大学教育のなかで──
芸術家たちはテクノロジー/マスメディア/社会といかにして切り結び、芸術表現を生み出してきたのか。
新進気鋭の研究者による待望の通史が登場!

坂根厳夫(情報科学芸術大学院大学[IAMAS]名誉学長)
「第二次世界大戦後に生まれたテレビやコンピュータなどのメディア技術が、戦後の日本で多彩なメディアアートにまで育っていった経過を、当時を知る人々を海外にまで訪ねて取材し、世界的な視野から詳しく検証してまとめあげた名著である。」

吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授、東京大学副学長)
「芸術はメディアだ。
60年代に爆発的に広がったこの発見がたどる歴史を、同時代人の無数の証言から鳥瞰する。見えてくるのは、メディアアーティストが国家や企業、大学との間で繰り広げてきたスレスレのドラマだ。」

日本メディアアート史はこんな本です

ツイートする