ティク・ナット・ハン マインドフルネスの教え―プラムヴィレッジ来日ツアー2015ドキュメントブック(CD付)

  • 10人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
  • サンガ (2015年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865640274

ティク・ナット・ハン マインドフルネスの教え―プラムヴィレッジ来日ツアー2015ドキュメントブック(CD付)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マインドフルネスを実践推奨するティクナットハン プラムビレッジ僧侶団が昨年5月に来日した折に、富士山麓リトリートで2週間にわたる瞑想活動を行った際のレポートドキュメント。
    開催前からこの来日に注目しており、直前になって師が体調不良で来日できなくなったと知って、気を揉んでいました。

    来日を待っていた人々にとっては残念なことになりましたが、氏の弟子33名が集まって指導やプラクティスを行ったとのことで、マインドフルネスの教えが日本にも広まったことと思います。

    今回の富士山麓リトリートの体験記やマインドフルネス講演会のレポート、今回来日したシスター・モナスティックへのロングインタビュー、ヨーロッパ応用仏教研究所所長の寄稿、今回の活動のコアメンバーなどが掲載されています。

    瞑想というと、座って行う瞑想が連想されますが、ほかにもさまざまな瞑想方があると知歩く瞑想はまだわかりますが、食べる瞑想というのは意外でした。
    食べ物とすべての存在との関わり合い(インタービーイング)を知り、食卓を共にする家族の温かさを味わうことだそうです。
    幸福に感謝しながら頂く食事からは、さまざまな気付きをもらうことができるのだそうです。

    多忙でリトリートに参加できなかった人のために、ビジネスマン向けの一日瞑想会も開催されたとのこと。
    「みかんの瞑想」は、五感を意識して食べることだそうです。
    みかんを味わっている時には、自分自身がリアルに存在し、そのような気づきの状態では、全てを生き生きと感じることができ、それがマインドフルネスだと説きます。

    都内での活動記録も紹介されていました。
    文京区のシビックホールや、港区の増上寺のほか、キリスト教系の聖路加国際病院でもイベントが行われたとのことで、マインドフルネスは、今では宗教の壁を越えた大きな活動になっていると感じました。

  • [図書館]
    読了:2015/12/27

    ティク・ナット・ハンは来日できず不在だったわけで…タイトルの「ティク・ナット・ハンの教え(The Heart of Thich Nhat Hanh)」ってのは詐欺だと思った。
    中身のほとんどがドキュメンタリーやルポなのだが、筆者の前提としている知識と自分の知識に乖離があるのか、一人よがりすぎて何を言ってるのか分からない箇所が多々あった。「不在をめぐって」「不在を越えて」という2つのルポ(筆者は同じ)でそれが顕著である。そもそも誤字脱字が多すぎて、これを出版物として世に出していいのかと思った。

    p. 22の、鐘の音や何らかの音に気付いた時には呼吸に戻る、路上では赤信号を鐘として、いしきてきこきゅうのチャンスとしてとらえる、そうすれば待ち時間もマインドフルな時間となる。というところだけが役に立った。

全2件中 1 - 2件を表示

ティク・ナット・ハン マインドフルネスの教え―プラムヴィレッジ来日ツアー2015ドキュメントブック(CD付)を本棚に登録しているひと

ティク・ナット・ハン マインドフルネスの教え―プラムヴィレッジ来日ツアー2015ドキュメントブック(CD付)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ティク・ナット・ハン マインドフルネスの教え―プラムヴィレッジ来日ツアー2015ドキュメントブック(CD付)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ティク・ナット・ハン マインドフルネスの教え―プラムヴィレッジ来日ツアー2015ドキュメントブック(CD付)の作品紹介

NHK『こころの時代』で紹介され、注目を浴びるティク・ナット・ハン、彼の教えの神髄「マインドフルネス」が日本に伝わるその軌跡を完全収録!

ティク・ナット・ハン マインドフルネスの教え―プラムヴィレッジ来日ツアー2015ドキュメントブック(CD付)はこんな本です

ツイートする