鶴見俊輔 (言視舎 評伝選)

  • 7人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 村瀬学
  • 言視舎 (2016年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865650525

鶴見俊輔 (言視舎 評伝選)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鶴見の言論活動、あるいは大衆文化への向き合いは彼の「貴種」の相対化であったという論旨。鶴見自身の伝記の語りを別の資料から付き合わせて分析しているところは勉強になった。鶴見の大衆文化への関わりは、彼が大衆ではなかったというのはその通りだと思う。逆説的であるが、鶴見は大衆ではないが故に対象にうまく接近出来たのではないか。もちろん鶴見は「貴種」の相対化のためだけで大衆文化に向き合っていたのではなく、むしろそれを楽しんでいたようである。これは私が聞いた関西フォーク運動関係者の話や鶴見の残したテクストからもわかる。

全1件中 1 - 1件を表示

村瀬学の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

鶴見俊輔 (言視舎 評伝選)はこんな本です

鶴見俊輔 (言視舎 評伝選)を本棚に登録しているひと

鶴見俊輔 (言視舎 評伝選)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鶴見俊輔 (言視舎 評伝選)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鶴見俊輔 (言視舎 評伝選)の作品紹介

《シリーズ 第7弾》 これまでの鶴見像を転換させる評伝
鶴見俊輔が生涯を費やしたのは己の「貴種」との格闘だった。
鶴見俊輔が自らを語る際、頻発する「虐待する母の像」。それは何を意味するのか? そして、なぜかれは、それに固執したのか? 祖父・後藤新平―父・鶴見祐輔―母・愛子という流れにある出自の貴種性を鍵に、戦前・戦中・戦後・現代を生きる新たな鶴見像を提出するとともに、「日常性の発見」とプラグマティズムを核にした鶴見思想の内実に迫る評伝決定版!
没後1年 鶴見思想の何を継承するのか

ツイートする