エラい人にはウソがある ―論語好きの孔子知らず

  • 84人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
  • さくら舎 (2015年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865810295

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
みうら じゅん
ジャレド・ダイア...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

エラい人にはウソがある ―論語好きの孔子知らずの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ものごとは、一つの側面でばかり見るべきでない。ということを学べます。
    歴史には、様々な脚色が加えられていることも、間違いのない事実だと思う。

  • 孔子≒相田みつを?孔子に限らず歴史上の人物を神格化する事への問題提起には納得。歴史は解釈によって変わるものだし。
    そもそも論語を読んだ事ないので、その是非もわからないのだが、批判書はあまり見かけないような。このように世の中で善とされているモノに対する負の側面を論じる事が出来るのが思想・言論の自由なのかなと。ただし、こういうのはひとつのビジネスというかスタイルの型ではあるんだろうけど。

  • 「論語」や孔子についての世間一般のグッドイメージを、著者お得意の文献、資料調査、解読等をもとにひっくり返す本。とは言っても一方的にけなすだけでなく、著者なりの孔子愛や、論語への一定評価が入っている。

    以下、本書を読んで初めて孔子や論語について私がわかったこと。

    -「論語」は孔子が書いたものではなく、孔子の死後弟子たちによって書かれたもの。
    -「論語」の中で書かれている内容に矛盾があるにもかかわらず、一部だけの言葉がとりあげられて有名になっている
    (例:「私は40歳になってからは惑わなくなった」とあるのに、後ろの方では「わたしはまだそのレベルになっていない」旨の記載等)
    -現代でも有名な言葉の意味が後世になってまちがって解釈されている
     (「義をみてせざるは勇なきなり」は「まちがった祭礼を見て正さないのはよくない」ということらしい)
    -孔子は思想家などではなく、当時のマナーや儀礼を教える講師のような人だった
    -孔子や「論語」が日本で尊敬されるようになったのは、明治以降からで、それまではどっちかというと小ばかにされているような位置づけだった。

    相変わらずのパオロ節が炸裂した本書。
    「え~、そうだったの?」という内容が豊富なので、格言好きの人にはぜひ一読していただきたい。

  • 世に隠れなき偉人・・・
    古の聖賢の1人・・・
    孔子さま・・・
    仁とか礼とか大事にして・・・
    政を行うものは斯くあるべし・・・
    人は斯くあるべし・・・
    と、数々の素晴らしい教えを残された儒教の祖・・・
    ボクも、孔子さまと言えばスッゲー立派な方で、儒教は昔から天下を治める者には必須の教え、というイメージだった・・・
    けれども・・・
    著者は過激に突っ込みを入れる・・・
    おいおい論語を色眼鏡無しに読んだら分かるでしょ?
    孔子さまは素晴らしい聖人なんてガラじゃないでしょ・・・
    論語に書いてある話からすると・・・
    40歳越えていろいろと迷っているし・・・
    正しい言葉と正しい行いをしていれば、就職には困らないとしながら自分は14年間就職活動して、結局全滅しているし・・・
    栄達しようと志したのに全然栄達してないし・・・
    人に痛いとこ指摘されるとヘリクツで誤魔化すし・・・
    親孝行してないし・・・
    妻子にも冷たいし・・・
    弟子に嫉妬するし・・・
    言ってること矛盾していること結構あるし・・・
    なんだかポンコツなオッサンじゃん・・・
    素晴らしい偉人なんかじゃなくて、愛すべきオッサンじゃん、と・・・
    ・・・
    えー?!そうなの!?
    論語自体をちゃんと読んだことないので、ボクとしては何とも言えませんが・・・
    著者曰く・・・
    先入観なしに『論語』を素直に読めば、ヘリクツと強がりと負け惜しみばかりならべる孔子のポンコツぶりはだれにでも読み取れるはずなのに、孔子は偉人であると刷り込まれている人たちには、孔子の真の姿が見えなくなってしまっているらしい、と・・・
    ふーむ、なるほど、そうですか・・・
    それにしても、著者は孔子さまが嫌いなの?
    いやいや・・・
    著者はそんなダメダメな孔子さまをコキ下ろしたいわけではない・・・
    むしろそんなダメっぷりを見せてくれる孔子さまに好意を抱いている・・・
    同時代の人々からは負け犬扱いされ、あまり相手にされてなかったのに・・・
    弟子たちから見捨てられず、むしろずっと慕われ、最後まで己の信念を貫き、志を諦めなかった粘り強い人・・・
    良いとこ悪いとこ両方含めてとても魅力的で愛すべき人である、と評価している・・・
    著者が嫌っているのは、そんなダメおやじを神格化し、お偉い聖人に祭り上げちゃってる人々・・・
    著者がいつも嫌う、昔の人はすごかった的なことを言って人々ね・・・
    本書でもそういう面々を非難しております・・・
    著者のいつもの主張である、昔はよかった病の弊害とその根の深さを考えさせられる一冊であり・・・
    正しいかどうかはわかりませんが、孔子さまについて、ちょっと違った視点を与えてくれる一冊・・・
    孔子さまにも興味湧いたわー

  • 図書館でだいぶ待ったのですが。。。孔子のストーリーです。孔子が現在のイメージと実際がかけ離れたということです。そんだけ面白いか!というと、そこまででもないかと・・・。

  • 「論語」や「武士道」をやたらありがたがる人がなぜあれほどウザいのか分かった。歴史に無知で権威主義な人が、持論に説得力を持たせるために都合のいいところを引っぱってるだけだったのか。たしかに「目上の人を敬え」って目上の人が言うのって、厚かましいよね。

  • <目次>
    ありのままの孔子
    第1章  歴史的に正しい孔子と論語の基礎知識
    第2章  本当はかっこ悪すぎる孔子の人生
    第3章  まちがいだらけの論語道徳教育
    第4章  封印されたアンチ孔子の黒歴史
    第5章  渋沢栄一と論語をめぐるウソ・マコト
    第6章  孔子のすごさはヘタレな非暴力主義にあり

    <内容>
    著者はおそらくイタリア人を名乗る日本人。孔子の人生はもちろん、一番書きたかったのは、第3,5章あたりか。私は儒教に疎かったので、面白かった。ふざけた書き方よりも最後の参考文献一覧を見て、作者がまじめに書いたことが知れたので、購入した。

全8件中 1 - 8件を表示

エラい人にはウソがある ―論語好きの孔子知らずを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エラい人にはウソがある ―論語好きの孔子知らずを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エラい人にはウソがある ―論語好きの孔子知らずを本棚に「積読」で登録しているひと

エラい人にはウソがある ―論語好きの孔子知らずの作品紹介

孔子に学んでホントに大丈夫!?
たいていの人は『論語』をありがたい教え、孔子を偉大なエラい人物と思っているようだが、本当にそうなのか!?じつは『論語』をフツーに読むと、スーパーマンとは程遠い、けっこうヘタレなエピソードが満載。ビッグマウスでヘリクツをこね、弟子に嫉妬するなど、人間くさい“マナー講師”だ。自称イタリア生まれの日本文化史研究家の著者が、孔子と『論語』をありがたがる“論語病”に物申す!笑いとつっこみを入れながら読み解く《ありのままの孔子》!

エラい人にはウソがある ―論語好きの孔子知らずはこんな本です

エラい人にはウソがある ―論語好きの孔子知らずのKindle版

ツイートする