京都大戦争 ―テロリストと明治維新

  • 11人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 星亮一
  • さくら舎 (2016年7月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865810592

京都大戦争 ―テロリストと明治維新の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

京都大戦争 ―テロリストと明治維新を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

京都大戦争 ―テロリストと明治維新を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

京都大戦争 ―テロリストと明治維新の作品紹介

明治維新はテロリストの政権奪取にあった!

幕末の京都、徳川幕府を守ろうとする京都守護職の会津藩と、討幕を目論む長州藩。兵力で劣る長州藩は、闇討ち、奇襲といったテロ行為、ゲリラ戦法で局面打開を図り、ついには「尊王」を掲げているにも関わらず御所に向けて砲弾を放つ。幕府弱体の情勢の中で孤軍奮闘の会津藩主・松平容保は必死に応戦し勝利していくも、長州の力を完全には抑えることができない。やがて薩摩と手を組んだ長州はスコットランドの武器商人から最新兵器を入手し、形勢は逆転。「会津藩とはいったい何なのか」――。

時代の変化を理解しない孝明天皇、一橋慶喜ら権力者に対して、悲しいまでの忠誠を尽くす容保の苦悩と彼を取り巻く人間の様相を描きつつ、戊辰戦争、明治維新の真相に迫る。

京都大戦争 ―テロリストと明治維新のKindle版

ツイートする