システム設計のセオリー --ユーザー要求を正しく実装へつなぐ

  • 47人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 赤俊哉
  • リックテレコム (2016年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865940053

システム設計のセオリー --ユーザー要求を正しく実装へつなぐの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読すべし

  • 情報システムの構築をユーザー企業側の視点で書いてくれている数少ない書籍だと思う。今後、なんども読み返すことが多くなりそう。

全2件中 1 - 2件を表示

赤俊哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
デール カーネギ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

システム設計のセオリー --ユーザー要求を正しく実装へつなぐを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

システム設計のセオリー --ユーザー要求を正しく実装へつなぐを本棚に「積読」で登録しているひと

システム設計のセオリー --ユーザー要求を正しく実装へつなぐの作品紹介

システム設計には様々な考え方があります。しかし目的は明白です。
情報システムの価値を最大化するために、ユーザーと開発チームとを橋渡しして、
「ビジネスの要件を正しくシステムの実装へとつなぐ」――これ以外にありません。
本書はその手順を明示します。各工程の目的・作業内容・成果物・留意点を示しながら、
データ・業務プロセス・画面UIといった設計対象ごとに「概要定義から詳細定義へ」
「論理設計から物理設計へ」と進める手順を説明します。
特定の開発手法や方法論に囚われることなく、情報システムを設計する上で
知っているべき原理原則、実装技術や環境変化に左右されない「システム設計のセオリー」を
厳選して集約しました。

システム設計のセオリー --ユーザー要求を正しく実装へつなぐのKindle版

ツイートする