忙しい社長のための「休む」技術

  • 21人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
  • 2016年発売
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784866220024

忙しい社長のための「休む」技術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 身体にとってベストなリズムとは?
    私はその日の行動予定を見て、何を食べる必要があるかを考えるようにしています、ロサンゼルスからラスベガスまで車で旅行するときに、途中のどこでガソリンを補給するかをあらかじめ考えてもおくのと変わりありません。

    私たちは定期的にエネルギーを再生するほうが、仕事をもっと効果的にこなせるようになる、そして、運動や遊びのような体を動かす活動と、瞑想や睡眠のような鎮静効果のある活動を交互に組み合わせるほうがベストの状態でいられる。


    睡眠不足が身体に与える大きなダメージ
    睡眠不足だと仕事の効率が悪くなり、車の運転中の危険が増す、生活の質が落ち、病気にもかかりやすうくなる、問題や機会に対して創造力を働かせて反応することができなくなり、独創性や柔軟性、思考の多様性を失い、新しいアイデアを生み出せなくなる。
    就寝時間を決めておくことも重要で、そうしないと、すぐに以前の習慣に戻ってしまうか、疲れを感じるまで起きていたりする。

    注意力の持続
    一度に1つのこと

    自分の注意力をもっとコントロールするための最初のステップは、集中していないとどうなるかを認識することである、まず、何をするにも最大限の力が発揮できなくなる、それだけでなく、注意をそらすことを自分に許してしまう分だけ、何かに没頭する能力が徐々に衰えていく。

    私たちはクライアントに「儀式」をつくるように教える、つまり、決まった時間に厳密に行うことで、やがて自動化され、意志や自制心を使う必要がなくなる行動のことだ。

    優先順位を決めるための時間をあらかじめスケジュールに組み込んでおかなければならない、私たちが見つけた最強の儀式は「最も重要なことをいちばん先にやる」というものだ。

    すべての儀式がそうだが、細かく具体的であることが成功への鍵となる、つまり、開始時間をはっきり決めるだけでなく、終了時間も決めておいたほうがいい。

全1件中 1 - 1件を表示

忙しい社長のための「休む」技術はこんな本です

ツイートする