ブクログ大賞

樺太を訪れた歌人たち

  • 1人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 松村正直
  • ながらみ書房 (2016年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784866290225

樺太を訪れた歌人たちの感想・レビュー・書評

  • いやはての国境近くに職を得つれ旅費かつがつに行かしめにけり 
     山野井洋

     樺太(サハリン)。北海道からは地勢的にたいへん近いが、複雑な歴史もあり、近くて遠い極東の地とも言える。その地を、1970年生まれの松村正直が、ゆかりの歌人の動向や歌集を丁寧に調べ、みずからも旅をした「樺太を訪れた歌人たち」は読み応えがあった。

     「なぜ、樺太か」という問いがいつも松村の脳裏にあり、自問自答を繰り返しながら、短歌を通して日本の近代史を再考した論集でもある。戦中のプロパガンダ誌「写真週報」など一次資料にもあたっており、参考文献の目配りも良い。

     語られるのは、北原白秋、斎藤茂吉、生田花世、出口王仁三郎ら、戦前・戦中の人々だが、短歌史ではあまり知られていない人々の紹介も印象に残った。

     たとえば、掲出歌の作者は雑誌「樺太」の記者で、当地で短歌誌も創刊した歌人という。1936年刊行の歌集「創作短歌 わが亜寒帯」では、さまざまな職業人の目を通した樺太生活が歌われていた。フィクションも入っているそうで、当時日本領であった樺太の「国境」近くに職を得た人々になり代わっての歌だったのだろう。過酷な土木工事現場で働く労働者の姿も見逃さず、
    真摯【しんし】なまなざしがある。

     船床に海のいろさへ知らず来ていきなり樺太の雪のうへに立つ
     橋本徳壽

     造船技師の橋本徳壽は、農商務省水産講習所助手を経て大日本水産会に勤め、その仕事で樺太も3度訪れていたそうだ。労働詠アンソロジーとしても再読したい近刊。
    (2017年1月29日掲載)

全1件中 1 - 1件を表示

樺太を訪れた歌人たちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする