マメ先生が伝える幸せ子育てのコツ

  • 34人登録
  • 3.73評価
    • (3)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 赤ちゃんとママ社 (2014年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870141032

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ファザーリングジ...
川上 未映子
有効な右矢印 無効な右矢印

マメ先生が伝える幸せ子育てのコツの感想・レビュー・書評

  • うーん…ひとつ前に読んだ大日向さんの本と違って、同じようにママに寄り添うような言葉が並んでいても何だか素直に受け取れなかったのは、作者がパパ(男性)だからかな?
    謙遜の姿勢をとりながらも、「俺はこんなことまでしました!」というような、育メンアピールのように読めてしまう箇所がいくつかありました。
    やっぱり作者が男性だから、自分の読み方が捻くれてたのかな?(^_^;)

  • よくある「とにかく子どもを受け止めなさい」という内容の育児本とは
    違って、子どもに向き合えない時もあること、そしてそんな時の対応方法が紹介されていて役に立ちました。

    後は、「子どもは今この瞬間を楽しんでいる」というのが心に響きました。親の思うように動かなくてイライラしてしまうことも多いけど、子どもは今目に前にあるひとつひとつの事に全力を注いでいるんだなと、だからそれができないと、この世の終わりといい程に怒るんだなと、私の中で腑に落ちました。

    「保育園に行っていたらこんな事が学べる」というメッセージが若干多いかなと思います。うちは待機児童で保育園に入れなくて毎日べったりで困っているのに、「保育園はこんま素敵なところ」と言われても、どうしようもない。あと後半の自伝的な内容は不要だと感じました。

  • 読みやすいが目新しい話はない印象。
    お母さんが頑張ってることを認めるスタンスなので読んでてほっとする。著者自身の失敗談や自分の生育歴が書いてあり親近感がわく。

  • 縁あってサイン本をいただけたことで読むことにした一冊。
    字が大きく、見出しも多いので読みやすかったです。
    マメ先生が灰谷健次郎氏の本を貪るように読んだ時期があるとわかり、一気に親近感を持ちました。

全4件中 1 - 4件を表示

大豆生田啓友の作品一覧

大豆生田啓友の作品ランキング・新刊情報

マメ先生が伝える幸せ子育てのコツを本棚に登録しているひと

マメ先生が伝える幸せ子育てのコツを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マメ先生が伝える幸せ子育てのコツを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マメ先生が伝える幸せ子育てのコツの作品紹介

"悩んでいるのはあなた一人ではありません"子育て番組で親の立場に寄り添ったアドバイスが人気のマメ先生が贈るがんばるママへの応援メッセージ。

マメ先生が伝える幸せ子育てのコツはこんな本です

ツイートする