ゼットマン 11 (ガンガンコミックス)

  • 28人登録
  • 3.67評価
    • (3)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 西川秀明
  • スクウェア・エニックス (1995年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870251359

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
天野 こずえ
天野 こずえ
有効な右矢印 無効な右矢印

ゼットマン 11 (ガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

  • Jコミ読了。
    ガンガン初期にあった熱さ全開の少年漫画。主人公のナナシは悲劇を終わらす存在であり未来を創る存在だったのが良かったです。長い旅をして、攻城戦や強敵との戦い、もう一人の主人公ギャンザ・アジャンタとの出会いや触れ合った人々との死の別れ。その全てが愛に向かってまっすぐ前を目指してたのが熱かったですね。
     ナナシの成長としてはヒルダ戦では裏切りを体験したナナシの信じる心を、六芒三邪神との戦いでは運命に負けない強さを感じました。
     作中内で気に入ってるキャラはギャンザ。ベジータポジションながらも人間側の戦士としての葛藤やガイスト戦でのアジャンタ抱擁シーンなんかは印象的でした。
     ナナシが言った愛は捨てるものじゃない、心に刻むものというセリフはこの作品のテーマである「愛」を表現する上でぴったりのテーマだったなと思います。
     ひとつ疑問点としては、ナナシの「このスーダラ野郎っ!」「うずら~」という口癖はどういう解釈で読めばいいのか、また自分の世界に謎が生まれた気がします。

  • 西川秀明は良いです。最近は青年誌ですが。

全2件中 1 - 2件を表示

ゼットマン 11 (ガンガンコミックス)はこんなマンガです

ツイートする