最遊記 (3) (GFC)

  • 729人登録
  • 3.40評価
    • (52)
    • (31)
    • (246)
    • (2)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 峰倉かずや
  • エニックス (1998年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870254060

最遊記 (3) (GFC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【再読】峰倉さんの言葉、好きだなぁ。本編読むと前向きな気分になれます。「自分が誇れるだけの強さで」とか、八戒かっこいい!ちらっとだけ出てきた ナタクに切なくなったり、あぁもう他の三人はいないんだなぁと淋しくなったり、外伝読んだ後なので色んなことが頭をよぎ ります。

  • 実家で。
    河童の「なんだよいい顔してんじゃんお互いに」ってモノローグが好き。

  • りりんたんが可愛いです。
    負けている紅たんもかわいい。

  • 01130
    Z001
    K-9999999-001

  • ご一行様方は、敵に好かれすぎだと思うw江流うつくしいなw スペースのセリフと黒シャツのご一行がすきである←

  • 異形の法力僧・六道の錫杖が三蔵を貫く。衝撃を受けた悟空の妖力は暴走し…。

  • 作者/峰倉かずや

  • 呪符に支配された法力僧・六道の錫杖の前に倒れた三蔵。
    妖力制御装置から解き放たれた悟空は、巨大な妖力を抑え切れずに暴走し悟浄にまで襲いかかる。
    観世音菩薩の手により一命を取り留めた三蔵は、単身、六道との決着の場に赴く――。

    [4巻あらすじ抜粋]

  • 今回も八戒さんが素敵vv色々諭されることもあったりね。あと初紅孩児との直接対決☆でも邪魔が入ったりで…。まぁラストはいい感じでおさまったけどさ。

  • 彼等に出会ったのがこの巻。
    そして心の柱となる言葉にも出会った。
    これ以上の本には出合えないと思う。

全11件中 1 - 10件を表示

峰倉かずやの作品

最遊記 (3) (GFC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする