レヴァリアース 3 (ガンガンファンタジーコミックス)

  • 200人登録
  • 3.89評価
    • (44)
    • (13)
    • (57)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 夜麻みゆき
  • スクウェア・エニックス (1996年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784870255678

レヴァリアース 3 (ガンガンファンタジーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めて読んだのは中学生の時。私にとって大事な作品であり同時に大きなトラウマにもなりました。全三巻という短い物語ですが、何だかよくわらないけどとにかく衝撃的。是非続編「刻の大地」で彼らの行く先と、本作品で明かされなかった謎を知りたかったですが…

  • 名作です。初めて自分で買った漫画がこの『レヴァリアース』でした。墓まで持って行く所存です。一生大好きです。

  • 最終巻。ウリックは自分が女であることをシオンに打ち明ける。しかしシオンは最初から知っていて、「それがどーした」と一蹴。そして男の格好をして旅をしている理由を聞いて、「………バカ?」と一言。でもなんだかんだで仲の良い二人に癒される。
    シオンとウリックにはずっと一緒に旅を続けて欲しかった。

  • たぶん、漫画で初めて泣いた作品です。最後が…悲しいです。

  • 本当に大好きな作品。最後は号泣しながら読んでました。

  • 泣きました。今でもぼろぼろ泣けてしまうマンガのひとつです。世界観もキャラも大好き。

  • 全3巻

  • 全3巻。なんか読んだ当時結構衝撃を受けたような気がするんだけど。

  • 刻大の前のお話。2巻まで買って、3巻買うまでかなり時間が空きました。最後はぼろ泣きです。■全3巻所持。

  • ほわほわとした可愛いファンタジーに見せかけて、小難しさがてんやわんや。
    何度読み返しても、今も理解できない部分がたくさんあります。
    でも、何度でも泣いてしまいます。
    切なくて愛しい、大切なファンタジー。

全20件中 1 - 10件を表示

夜麻みゆきの作品

レヴァリアース 3 (ガンガンファンタジーコミックス)はこんなマンガです

レヴァリアース 3 (ガンガンファンタジーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レヴァリアース 3 (ガンガンファンタジーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする