磯野家の謎―「サザエさん」に隠された69の驚き

  • 142人登録
  • 3.26評価
    • (4)
    • (11)
    • (34)
    • (5)
    • (0)
  • 20レビュー
制作 : 東京サザエさん学会 
  • 飛鳥新社 (1992年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870311268

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
村上 春樹
ダニエル キイス
宮部 みゆき
宮部 みゆき
綿矢 りさ
白石 昌則
村上 春樹
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

磯野家の謎―「サザエさん」に隠された69の驚きの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • '93.5友人に借りて読了。
    当時の話題本。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    明るく幸せなイメージの『サザエさん』一家の意外な事実。磯野家の28年間こそ戦後を歩んだわれわれ日本人の縮図だ。

    【キーワード】
    単行本・漫画・アニメ・知恵袋




    +1+1

  •  
    ── 東京サザエさん学会・編《磯野家の謎 ~
    「サザエさん」に隠された69の驚き 19921218 飛鳥新社》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4870311267
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19460422
     サザエさん登場 ~ 三姉妹の系図 ~
     
    (20150719)
       
    http://booklog.jp/entry?keyword=%E7%A3%AF%E9%87%8E%E5%AE%B6%E3%81%AE%E8%AC%8E&service_id=1&index=All
     

  • Book Offで105円だったので購入。

    東京サザエさん学会というところが編集したものだそうで。

    この東京サザエさん学会(TSG)、サザエさんの漫画から読み取れるだけを読み取ろうというのを目的に活動しているようです。

    この本には全部根拠となる漫画の巻数と頁が参照先として載っています…でもですね、持ってなかったら参照も出来んしイメージも湧かんのですよ;

    サザエさんは著作権の問題が面倒だって話はよく聞きますが、ここまで難しいとは。サザエさんを研究するような書籍にまでも、漫画の引用をさせてくれないんですね;

    ということで、全体としてはおもしろいのかおもしろくないのかよく分からない感じでした。

  • 昔、大はやりしましたね。
    私も持っていました。

    近くの図書館で見つけたので、懐かしくなって借りてみることに。
    やっぱりおもしろい。
    今回は最初に読んだときほどの驚きはなかったですが、
    マスオさんの「フグタなんて嫌な名前ですよ」発言は
    やはり衝撃的(笑)
    この他にも雷が怖くてアサリの水煮を用意するとか
    ファッションのこととか、マスオさんのエキセントリックさに
    目が離せない。

    この本、あまりにもはやりすぎて、「あの本は間違いだらけだ!」
    みたいな本も出ましたよね(確か磯野家の謎の謎とかいう)。

  • 帰省した際に久々に見つけたので、暇つぶしに読んでみた。

    改めて読んでみた感想。
    よく、ここまで掘り下げたなと。

    原作の描写から読みとれる、ただのトリビア的なものから、
    それと時代背景をからめた、少々ぶっ飛んだ想像(妄想?)まで。
    #サザエとフネが実は血がつながってないという説は、
    #意外と論理的に説明されていて面白かった。

    アニメだけではなく、原作も読みたくなるような内容になっている。

  • 実家にあった古い本。

    20年くらい前のベストセラーです。
    大人になって読むとマスオさんや波平さんの目線に近い自分を感じました。

    解説にも時代の流れを感じた。
    帰省中にぱらぱら読んで、楽しめました。

  • マスオさんは早稲田大学出身なのは知ってました。

  • 奥付:1993/2/4 20刷

    当時かなりハマって読んでた。
    題材が「サザエさん」だから、というよりも、文章が面白かった。

    中身はアニメではなく原作漫画を論考対象にしており、原作漫画はほとんど1回も読んだことがないにも関わらず、なんだか謎めいた過去を持つ人物たち、さまざまな矛盾点から予想外の結論を導き出す過程、そして何だかかんだ言って磯野家の人々が好きなんだなぁ、と感じさせる文章で、ボロボロになるまで読んだ。

    フォントや装丁も昭和な感じでミステリアスな雰囲気が出てて、内容にあっているなぁと思った。

    2匹目のどじょうがやたらと発生したのも懐かしい。

    定価1,000円。

  • 設定からどろどろした部分を勘繰れたり
    えげつない著作権問題があったり・・
    アニメのアットホームさが空々しく思えてくる(^_^;)

全20件中 1 - 10件を表示

磯野家の謎―「サザエさん」に隠された69の驚きに関連する談話室の質問

磯野家の謎―「サザエさん」に隠された69の驚きを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

磯野家の謎―「サザエさん」に隠された69の驚きを本棚に「積読」で登録しているひと

磯野家の謎―「サザエさん」に隠された69の驚きの作品紹介

明るく幸せなイメージの『サザエさん』一家の意外な事実。磯野家の28年間こそ戦後を歩んだわれわれ日本人の縮図だ。

磯野家の謎―「サザエさん」に隠された69の驚きの文庫

磯野家の謎―「サザエさん」に隠された69の驚きの新書

磯野家の謎―「サザエさん」に隠された69の驚きの単行本

ツイートする