後鳥羽伝説殺人事件

  • 19人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 内田康夫
  • 角川春樹事務所 (1996年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870312487

後鳥羽伝説殺人事件の感想・レビュー・書評

  • 浅見光彦シリーズ第1作
    内田康夫氏の作品は、デビュー作から(読んだ順はバラバラ)ほぼ全作品拝読しているが、その魅力は、「現実性」と「人間性」である。
    「現実性」については、それゆえに、氏の作品からは、現実に役に立つような、物事についての知識や、社会の場面における対処法を学ぶことができる。松本清張の社会推理に通じるところがある。
    「人間性」については、ほぼ全作品に殺人事件があるにもかかわらず、須らく、犯人に対してすら「愛情」を感じる終わりかたをしているところであり、これはあのアガサ・クリスティの小説を彷彿とさせる。
    そして、これはそんな大好きな内田氏の、浅見光彦シリーズの第一作、私としては、平成11年秋に最初に内田康夫氏を読んでから、このレビューの終わりあたりで読んだので2つのことで驚いた(推理のネタと関係無いので言うと、長編なのにヒロインがいないことと、浅見光彦が犯罪被害者の家族だったこと)が、「現実性」「人間性」を備えた作品であることは違いなかった。
    主たる舞台(都道府県)、得られる情報、キーワードなどはタグに。

  • 広島などを舞台とした作品です。

  • 浅見光彦デビュー作。浅見シリーズの中では一番好き。

全3件中 1 - 3件を表示

後鳥羽伝説殺人事件の単行本

ツイートする