ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか

  • 527人登録
  • 3.65評価
    • (41)
    • (45)
    • (89)
    • (5)
    • (2)
  • 67レビュー
制作 : Malcolm Gladwell  高橋 啓 
  • 飛鳥新社 (2000年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870313941

ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く」を読んで面白かったので、複雑系ネットワーク的な考えを、マーケティングとか、組織変革とか、ビジネス「実務」に応用できないかな、という観点で読んでみた。

    複雑系においては、初期値のちょっとした違いが大きな違いを生んだり、臨界点近くのほんの些細な出来事が大事件に発展したりするといわれるわけだけど、この本は、その辺のメカニズムを、どういう種類の人たちが、どういう状況でかかわっているのか、といったことを、かなり具体的なレベルで説明してくれるので、相当の説得力がある。

    が、仮にこの本に書かれている事が、本当だとしても、やっぱり、意図して小さな変化で大きな変化を生み出すのは至難のわざだという気がする。なかなか実務的な実用のレベルにはならないかなー。ヒントとか、気をつけるポイントは発見はいろいろあるけどね。

  • 今まで市場で存在感もなく細々としていた商品があるときと毅然、爆発的感染したように一気に市場を席巻する商品があるが、なぜそのようなことが起きるのかを解説した本。
    爆発的感染の理由を3つ
    少数者の法則
    粘りの要素
    背景の力

    個人的に「少数者の法則」の話で、コネクターの話が興味を持った。
    個人的にはコネクターの役割になれる人になった方が人生は楽しいだろうなと思った。

  • こちらも積読本の中で、ようやく読み終えた1冊。自分がまさにコネクター的な役回りをずっとしてきたことがよくわかる1冊でした。そしてメイヴンの役割も専門分野に関しては間違いなくある。いくつかの役割を兼ねられる人が中心に何人かいるコミュニティって、動きが出てくるし楽しくなるし、善循環が回り出す。そういう意味では、それぞれの人が得意な分野と割り当てられる役回りが異なることほど不幸なこともないなとも感じました。サークルレベルなら立候補でいいだろうけど、仕事はそうはいかないなかでどうバランスをとるかは問われてるところかなと思いました。

  • "感染的であること
    ちいさなげんいんがおおきなけっかをもたらすこと
    感染の勢いは劇的な瞬間に上昇したり下降したりすること

    "

  • 爆発的なヒット・流行(社会的感染の拡大)の引き金は何か、ターニングポイント(=ティッピングポイント)で起こっていることは何か、を心理学的なアプローチを駆使して解き明かそうとしたのが本書。
    導きだされているのは、我々が直感的にはあまり関係ない、或いは効果が期待できないと思いがちな些細な取り組みや環境変化が、爆発的な流行の大きな要因となっているということ。また、ごく少数のキーパーソン(媒介者(コネクター)、通人(メイブン)、セールスマン)が重要な役割を担っていること、我々の意志が常に、無意識のうちに外部環境に大きな影響を受けていること、など。
    特に、なるほどと思ったのは、コネクターやメイブン、セールスマンの存在。人を引き寄せる力や交遊範囲、集められる情報量に大きな個人差があるのは何故だろう、天性の素質の違いだろうか、とずっと疑問に思っていたが、本書を読んで、コネクター等は、とにかくあらゆる人が好きで、打算なく人と交わることができる人、人との繋がりが増えることを億劫がらずにむしろ楽しめる人のことであることが分かった。やはり天分なんだな。
    あともう一つ、「150の法則」。第五章で紹介されていた、ゴア・アソシエイツ社の戦略、というか組織運営は、非常に魅力的。150名を超えると組織を次々と分裂させていくだけでなく、社員に肩書きを作らず(全員が共同者)、上司が存在しない。「小集団のなかで形式張らない人間関係が効果的に機能している」ため、中間管理職や上級管理職を必要としないのだという。サイロ・エフェクトを見事に防止しているのだとしたら、とてつもないことだと思う。とは言え、専門家集団を形成して分業していくことによって効率化を図る、という巨大組織のにおける一面の真理とはどう折り合いをつけているのだろうか、この点についての疑問は残る。

  • 一気に何かが傾くポイントについて、極めて論理的に説明されており興味深い。第1要素の、少数者すなわちキーとなるコネクターやメイヴン、セールスマンの存在、第2要素のメッセージの粘りも面白いが、第3の要素である背景の力、”割れた窓”理論が地味に感動する。さらに150の法則。こんなに簡単で分かりやすいことなのであれば、すべての組織で試してみればいいのかもしれない。人間の行動が分析された、どのような分野にでも応用できる内容のものだ。

  • 昔出た本に今の知識で非難してはいけないと思うが、やはり内容の古さは否めない
    ヤバい経済学がこの本のいくつかの出来事の反証になってるな

  • マルコム・グラッドウェルは読みやすくて面白い。局地的ブームがいかに大きなブームとなるかのお話

  • 既に聞いた理論がいくつかあり、感動は他の作品ほどではなかったが面白かった。
    なぜこんなことになったのか、最近の疑問に一つの答えが得られた。
    また、知育と子供の環境の話は非常に共感させられた。
    しかし、分かったような分からないような。
    結局腐ったリンゴは本当らしい。

  • 150の法則
    イノベーター理論

全67件中 1 - 10件を表示

マルコム・グラッドウェルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トニー・ブザン
ロバート キヨサ...
デイル ドーテン
ジェフリー・ムー...
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すかはこんな本です

ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すかを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すかを本棚に「積読」で登録しているひと

ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すかの作品紹介

なぜ、ニューヨーク市の犯罪率は急激にダウンしたのか?なぜ、地味な靴「ハッシュパピー」は爆発的に売れ出したのか?なぜ、『セサミ・ストリート』は人気長寿番組に成り得たのか?なぜ、無名作家の小説は一躍ベストセラーになったのか?あらゆる流行の感染には原因がある。思考の転換を促す世界各国で話題の書。

ツイートする