フーリガン―最悪の自叙伝

  • 12人登録
  • 2.80評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : Mickey Francis  Peter Walsh  小林 章夫 
  • 飛鳥新社 (2001年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870314740

フーリガン―最悪の自叙伝の感想・レビュー・書評

  • Footballにかこつけたケンカ三昧を振り返った話しかなく、すぐに読むのを止めた。ネットで安く買った本なので、しょうがないけど。

    いわゆる「やんちゃ」ネタ(粗暴を美化するようなこの言葉も好きではない)好きの方が読む本であり、私が求めているFootball本ではない。

    星ひとつもつけたくないので、評価もなし。

  • マンチェスター・シティのフーリガン
    「ガヴナーズ」の首領ミッキー・フランシスの自叙伝

    フーリガン時代に行った悪行の数々、
    相手チームのフーリガンとのファイト
    真のフーリガン
    試合の結果なんてどうでもいい
    ただ戦い暴れたいだけなのだから

    激動のフーリガン時代をリアルに描いた作品

  • イングランド・プレミアリーグはマンチェスター・シティの伝説的なフーリガンだった著者による回顧録。サッカーのスタジアムなんて少しくらい殺伐としていたほうがいい、と私は思っているのだが、この著書は全く理解の範囲外だった。まさに暴力が目的化してしまっている。彼らのクラブに対する想いなど、少なくとも私には感じられなかった。

全3件中 1 - 3件を表示

フーリガン―最悪の自叙伝の作品紹介

やるか、やられるか-、これが俺たちの生き方だ。サッカーの聖地イングランドで最も恐れられたフーリガン集団「ガヴナーズ」のボスがすべてを激白。

フーリガン―最悪の自叙伝はこんな本です

ツイートする