魚喃キリコ短編集

  • 962人登録
  • 3.57評価
    • (106)
    • (117)
    • (317)
    • (8)
    • (3)
  • 88レビュー
著者 : 魚喃キリコ
  • 飛鳥新社 (2003年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870315402

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本 ばなな
魚喃 キリコ
魚喃 キリコ
有効な右矢印 無効な右矢印

魚喃キリコ短編集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりに読んだら結構びっくりした。こんなの絵がうまくて、センスがよければ誰でもかけるんじゃないか。昔鳩よ!で、制作ノートのようなものが公開されていて幾分がっかりしたけど、今読んでみてその1000倍くらいがっかりした。漫画というより詩、一時期はやったキレイな写真にええ言葉書こうか、というようなものに見える。
    そう思うのは、状況をそのままきりとってだけいるけど、それが自分の範疇を超えていない。どのページを手繰っても、そこには魚喃キリコが存在していて、こうすればよかったんでしょ、こう書けばセンスいいでしょ、といっているような気がする。それ以外にも、めんどくさい女の話とか、書かなきゃいけないのはここからはみ出てる部分なんじゃっていう、何かいてんだって思わされる。
    そしてこの人にはこの先のなにもかけないんじゃ。blueってすばらしくきれいでかわいかったし、自分の中で大事な本になったけど、それの自意識過剰な感じは思春期と相まってうまく処理されていたように思う。思春期の、私の体を、女である私を、人間である私を、ひたすらに意識する部分とうっすらとした恋へのアピール力が、ないまぜになって、それはそれでそのままかかなくてはああいうイタさはでなかったんだろうけど、それだけに余白に頼る部分が多かった。それでよかったのでは。
    別に悪いことを悪い、ってあげつらいたかったわけじゃなくて、それでも大丈夫と思って読んでた昔があるから、書いとこう、とおもう。

  •  「彼女のことを、いっこだけ」で好きな人、でも決して両想いにはならない人のために体をも汚す、その想いの重さにずっしりとした気分に。
     「痛々しいラヴ」シリーズで描かれる恋愛は本当に痛々しすぎて共感するのは難しいのだけど、そこまで人を愛せることへそこはかとなく憧れを感じる。

  • きれい。そしてどうしよーもなく愛おしくて懐かしい感じ。

  • 自己チューでカッコ悪い、いたたまれなかった大昔の恋を少し思い出した。
    もーやだわ、あんな想いは。今となっては多分したくても出来ないんだろうけどもさ。2013/9/13

  • この作家さんは本当にタバコを吸う女性の姿をきれいに描くなあ。と思う。
    私はタバコを吸わないけれど、吸いたくなってしまう。

  • さわやかです。

  • ハギオとか。

  • 消えてなくなっても消えない。切ない。

  • いろんな作品のエピローグやらプロローグ的な短編も散りばめられていて、それだけでも楽しい。い短篇集だな、と思う。魚喃キリコが好きな人にとっては、とってもいい短篇集だろう、と。あ、その後、そうなってたんだ、とかね。そういう成長とか芽生えが見えるのは、いい。(11/8/20)

  • 本の整理をしても、これだけは捨てられないのは何故か。それはそれは捨てられない思い出があるからー。

全88件中 1 - 10件を表示

魚喃キリコ短編集を本棚に「読みたい」で登録しているひと

魚喃キリコ短編集を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魚喃キリコ短編集のKindle版

ツイートする