マンガ中国入門 やっかいな隣人の研究

  • 111人登録
  • 3.12評価
    • (4)
    • (8)
    • (49)
    • (4)
    • (2)
  • 21レビュー
著者 : 黄文雄
制作 : ジョージ秋山 
  • 飛鳥新社 (2005年8月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870316829

マンガ中国入門 やっかいな隣人の研究の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  黄文雄さんの本は、今までいくつか読んできたが、黄文雄さんが言いたいことー日本人に伝えたいことーがよくわかる本(マンガ)である。隣国である中国・韓国・北朝鮮を正しく理解することは大事なことである。その目的で誰でも気軽に入り込める本(マンガ)であると思う。

  • まだ中国が大国になる一歩前の本。読み飛ばせばいいレベル。

  • この手の本好き。

  • 「ねつ造だらけの中国史」ってのが難解だったので副読本として・・・
    とりあえず黄さんが中国をどう解説したいのかはわかった気がする。ゴシップ誌程度に読むと参考になる。

  • まんがでわかりやすい。
    日本人には書けない中国人の考え方を著者がやさしく説明。
    あなたの周りにいる中国人を理解するために読んでみて損はありません。
    日本流儀はグローバルには通用しないことを知っておきましょう

  • 【資料ID】79111
    【分類】302.22/J66

  • 黄文雄の暑苦しさをジョージ秋山のしなっとした絵が和らげている。特に中国現代史については勉強になった。

  • 中国といえば、新しくて巨大な消費圏ということで、日本の企業はこぞって対応を迫られているといわれてきて久しいのですが。
    意外に内面まで理解するのが大変な隣国でもあるわけです。いろいろ過去からのしがらみもありますものね。
    そんな隣国:中国についてマンガで分かりやすく紹介しています。ちょっと見方変わります。

  • 「バカ漫画」「中国入門」でGoogle検索すると、見事な要約サイトが引っかかります。私はこの本、実はだいぶ前に読んだのですが、そのサイトが面白かったので改めて紹介する次第です。人肉食っただのなんだのは、大半が桑原隲蔵あたりからのパクリを思いっきり扇情的にしたもんですが、昔からの黄先生の得意技で、「ああ、またやってますな(笑)」てなもんで、私なんかすっかり慣れてしまいました。

    だけど、30年来、中国はぐちゃぐちゃになって崩壊するとか言い続けてきた人なんだから、最近の中国の大国化ぶりに反感と不満を持つ人々から、先生への不満の声が上がってもおかしくないと思うのだが、どうやら定期的に増え続ける中国嫌いの新規顧客で十分と踏んでるような所がありますな。

    先生には「売国奴」という著者もありますが、台湾独立派としては、漢民族の悪口は珍しくないので(ここまで口汚いのは珍しいとは思いますが)、「国を売」ってまで、日本人に直言してらしゃると考えるのは、間違いと思いますね。

    新刊もたいてい平積みだし、いい商売なんじゃないでしょうか。

  • 此も、ブクオフの\105コーナーで発掘。間違った歴史認識を改めて、認識する為に、身近なマンガで知識を仕入れようと安易な方法論を執るよな、相変わらず。「マンガ嫌韓流」の処にも書いたが、反論は受け付けます、が、間違った、自己チューな歴史認識に基づいた意見は即時削除しますので、無駄な時間を費やされませぬよう、先に、挙げておきます。悪意に満ちた余計な教科書は不要ですので、お心遣いはして戴かなくて結構毛だらけ猫灰だらけですからね〜。

全21件中 1 - 10件を表示

黄文雄の作品

マンガ中国入門 やっかいな隣人の研究を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マンガ中国入門 やっかいな隣人の研究を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マンガ中国入門 やっかいな隣人の研究はこんな本です

ツイートする