くたばれ成果主義!

  • 22人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 江波戸哲夫
  • 飛鳥新社 (2007年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870317956

くたばれ成果主義!の感想・レビュー・書評

  • メーカーのコスモ電機の社員赤城が,新装開店の大手家電量販店ヤジマ電販・
    秋葉原店で人質をとって会社の成果主義を批判し,最初は大きく報道される。
    コスモ電機の経営陣はマスコミ対策をしながら
    さらに進化した成果主義の導入を急ぐ。
    一方で逮捕された赤城に共感する社員たちも,赤城の行為を無にしないよう
    手を打ちながら,理想の人事制度について考える。

    新人事制度だけでなく,新製品の開発や息子の引きこもりなど,
    いろいろなエピソードも交えて楽しめる。
    ヤジマ電販のカリスマ創業社長は,良く描きすぎだろう。

  • 最近はやりの成果主義、これでいいのかなーと思いつつ、それに乗っかって、毎年の評価に一喜一憂している自分が居る。つい読み込んでしまった。

全2件中 1 - 2件を表示

くたばれ成果主義!の作品紹介

ある大手電機メーカーでは、新成果主義の導入をめぐり、社内抗争が激化しつつあった-。成果主義列島ニッポンの現実を鋭く暴き、痛烈に批判する問題小説。

くたばれ成果主義!はこんな本です

ツイートする