夢をかなえるゾウ

  • 11838人登録
  • 4.01評価
    • (2250)
    • (1829)
    • (1755)
    • (147)
    • (50)
  • 2203レビュー
著者 : 水野敬也
  • 飛鳥新社 (2007年8月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870318052

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
デール カーネギ...
デール カーネギ...
劇団ひとり
村上 春樹
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

夢をかなえるゾウの感想・レビュー・書評

  • その1、「靴を磨くこと」

    なるほど、と思い、レッドウイングのアイリッシュセッターと、オールデンのローファーを磨きました。
    セッターはもう履いて10年目になります。サドルソープで洗いましたが、真黒でした。

    仕事の場ならば、靴や時計は見てないようでみんな見てます。手入れをしていれば、仕事に対する丁寧さや、身だしなみやアフターケアに対する意識が伝わるものです。

    ホワイトカラー、ブルーカラーに限らず、大切なことだと思います。

  • 100万部を超えるベストセラーになった自己啓発書。
    セレブが集まる豪華なパーティーに出席して自分のしょぼさに打ちひしがれていた会社員の主人公が泣きあかした次の日から、「ビッグになりたい」という夢をかなえるために出現したガネーシャとの共同生活がはじまる。
    夢をかなえるためにガネーシャが課題を毎回出し、それを実行に移す繰り返し。
    毎回、世界的に有名な偉人たちの逸話とそこから得られる教訓をもとにガネーシャが語る。
    ガネーシャと主人公のやりとりは読者を笑わすものが多い。
    ガネーシャの語る事は他の自己啓発書に書いてあるような事と同じような事が多い(と本書の中に書いてある)らしい。
    普通の小説としても楽しめるとっても面白い本でした。

  • Brandonさんお勧めの一冊。結構分厚いですが3時間位で一気に読めました。いや面白い。大阪弁をしゃべる象の神様、成功者のエピソード、基本わがままで自分勝手で意志弱い神様、でも言ってることは理にかなってる。。はまりました。一番大事なのはこの通り行動することですが。

    ◎ガネーシャの課題
     靴をみがく
     コンビニでお釣を募金する
     食事を腹八分におさえる
     人が欲しがっているものを先取りする
     会った人を笑わせる
     トイレ掃除をする
     まっすぐ帰宅する
     その日がんばれた自分をホメる
     一日何かをやめてみる
     決めたことを続けるための環境を作る
     毎朝、全身鏡を見て身なりを整える
     自分が一番得意なことを人に聞く
     自分の苦手なことを人に聞く
     夢を楽しく想像する
     運が良いと口に出して言う
     ただでもらう
     明日の準備をする
     身近にいる一番大事な人を喜ばせる
     誰か一人のいいところを見つけてホメる
     人の長所を盗む
     求人情報誌を見る
     お参りに行く
     人気店に入り、人気の理由を観察する
     プレゼントして驚かせる
    ◎ガネーシャの最後の課題
     やらずに後悔していることを今日から始める
     サービスとして夢を語る
     人の成功をサポートする
     応募する
     毎日感謝する

  • 「何をすればいいのか分からないのは、何もしたことがないからだ」と聞いたことがあります。心当たりはあっても具体的に何をどうすればいいのか分からず長年悶々と過ごしてきましたが、それを噛み砕いて今までで一番分かりやすく説明してくれたのがガネーシャでした。特に「お前は今何してるんや?」「僕は今考えています」「違う。それはただ座ってるだけや」のやりとりにはグサッと来ました。ぜひ行動を伴わせて行きたいものです。

  • まず、これだけははっきりしておきたい。
    ガネーシャが先なのか、古田新太が先だったのか。
    昔テレビでやってたのが面白かった記憶があるんだけど、もう私の中では、ガネーシャのせりふは完全に古田新太がしゃべってました。
    ガネーシャが先だったとしたら、これほどのドンピシャキャスティングが世の中にあるだろうか!いやない!と声を大にして言いたい。
    それほど古田新太をイメージして書いたとしか思えないガネーシャキャラw

    原作では男の子だったのね~。
    いや~それにしてもこんなに面白い本だとは思わなかった。
    あっという間に読了。
    それに比べてその前に読んでた中川さんの本の進みの悪さといったら・・・w
    これはビジネス本なんでしょう。
    私は3食昼寝つきの専業主婦なわけで、前に読んだビジネス本みたいにあんまり関係ないかなー感があるのかなーと思ったらそうでもなく、普遍的な内容であるように思います。
    ましてや最近、夫に対する、これはサービス業なんだ、と日々の家事を思うことにしている私には、いろいろなるほろ~と思いながら読んでました。
    反応だけで生きている、とかそうだね、ほんとそうだね、って思います。
    私は主人公とは違って、成功したいと思えない人なんで、だからといって自分から!とか応募!とかにはならないんだけどw、死ぬ間際に後悔は、確かにしたくないなーとは思うので、そのための努力はしてもいいかなと思います。
    て思うだけではだめなんだよね。
    はいはい。
    著者のブログを除いたんだけど、期待に違わないおもしろさで大満足。
    ちなみにこれを読んだ(借りた)きっかけは目覚ましテレビでやってた新著の紹介をチラ見(ほんとのチラ見、おそらく1秒未満w)したからでした。

  • ワタシはコレで転職しました

  • 2007年に大ヒットした水野敬也著(@mizunokeiya)『夢をかなえるゾウ』を今更読んでみる。
    漠然とした変わりたいという気持ちがありながらも、平凡な日々を過ごすリーマンの前に突如として現れた象の様な見た目の神様「ガネーシャ」との日々を描く。ガネーシャから与えられる、自己変革とは一見無意味と思われる課題を実践する日々で主人公が気付く事とは・・といった体の自己啓発本です。
    もともと自己啓発系の本は嫌いでこの本も例外では無く読んでいませんでした。当時デパートで『この本(のイメージ)にあうブックカバーありますか?』なんて無茶な相談をしている女子を見ても特に読む気もおきなかったのですが、筆者がやっているブログ『ウケる日記』がきっかけで考えが変わりました。

    『ウケる日記』の中でも特に秀逸なのが水野愛也と称し、結婚できない女子達に暴言を吐きながらも大きな愛をもって「結婚する為には・・」を説く『スパルタ婚活塾シリーズ』です。
    これも一種の自己啓発ですが、無料で読めるブログにしては内容が濃すぎ!男の自分でも勉強になりました。最近はブログ内容はそこそこに、詳細を有料メルマガへ誘導する著名人が増えておりますが、これだけボリュームのある内容を無料ブログで公開するあたりに筆者の本当の「愛」と「男気」を感じました。

    そして手にとってみたこの本『夢をかなえるゾウ』・・非常に良かったです。
    この本で述べられている事を要約すると2点に絞れるかと思いました。
    1点目は『考える事』。日常生活の中でもちょっとの意識の変化で行える様々な事。これらを行う意味・意図をしっかりと考えて行動する。意識して行動している人間とそうでない人間が出す結果は歴然としておりこれは、どの仕事にも共通して言える事でしょう。
    「こんな仕事やっても意味が無い」と思いながらする仕事は山ほどありますが、何故そのような事をするのか?そしてその先に何があるか?を考えながらやる事が大切です。
    『受動的では無く能動的であれ』ですね。
    2点目は『継続する事』。自己啓発本を読むと誰もが少しはやる気がでます。しかし、その時の気持ちは日を追う毎に薄れ、気がつくといつもの自分に戻ってしまいます。
    本書でもその点は指摘されていますが、本書での課題が「日常生活上」の「簡単な取り組み」なので継続する為のハードルをかなり下げたと言えるでしょう。簡単な取り組みを侮らず継続する事が自己変革への確実な道という事です。
    『継続は力なり』ですね。

    本書内で実践されている課題自体は「靴をみがく」「コンビニで募金をする」「トイレ掃除をする」等々。日常生活で身近な行為が大半で無意識に行っている事もあるでしょう。従ってこれらをただやるだけでは成功からは程遠いと思います(何をもって成功と呼ぶかにもよりますが)。
    しかし、これらの事を本書での指摘事項を念頭に『考えながら』『継続する』事ができれば人間的に大きな成長が出来る事は間違い無いと思います。
    本書での事例で示されている通り、世間一般にしられている多くの成功者達は『例外なくこれらを実践できている』訳ですしね

  • 自己啓発本がちょっと苦手な私ですが、これは本当に面白かった!!
    まずは笑いありきのメッセージなので押しつけがましくない。
    ちょっとヌケた若いサラリーマンのごく日常が舞台なのもいい。
    「あ、これやってみよ。出来る。やろう。」って思えることがたくさんです。
    最初は借りて読んだ本でしたが、これは手元に持ちたいですね。

  • なぜ関西弁を話すゾウなのか?
    面白すぎる。インドの神様ゾウ。
    食事とお金を使うことは、現実として起こる。どうしてそうなんだろう。喧嘩をするとけがをする。
    出される課題について、自己啓発本でよく書いてある事柄なので、真新しいものではないが、文章の作り方は、人を引き付けるなあ。課題は実行せずに一気に読み切ってしまった。今まである成功本よりも、さらに敷居が低く実行できる、なじみやすい本ではないかと思う。ガネーシャという発想が斬新ですごい。

  • 去年さんざん話題になったころには見向きもしなかったんですが、ようやく読んでみました。いいです、これ。エンタテイメントな自己啓発書としては不朽の名作なんじゃないでしょうか。あまりに読みやすくてあっと言う間に読み終わってしまいました。正直、書いてあることはそんなに目新しくない、ありがちな自己啓発書の内容ですが、このアプローチは斬新だなと思いました。随所に著名人の名言が出てくるところも面白いですね。個人的にはイチローの話がツボでした。10代で読んで、20代で読んで、30代で読んで、それぞれに新しい発見がある本だと思います。

  • 自己啓発本としても、読み物としてもとても面白かったです。終盤は泣きながら読み終えました。
    挫折したとき、また立ち直る手助けをしてくれるような本です。

  • 繰り返し同じ本を読むことは基本しない。同じ本を読むくらいならその時間を違う本に充て知識を深めたい。そういった考えが自分にはある。

    そのため、これまで再読してきた本は本当に限られている。
    そしてその限られた本の中には、この『夢をかなえるゾウ』が含まれている。

    本書の主人公であるガネーシャ自身が言っているように、本書に書かれている内容には目新しいものはない。自己啓発書が好きな方であれば一度はどこかで目にしたようなものも多い。

    しかし、ここで思うのが私も含め、その書かれていることを実践できてきたのかということだ。トイレ掃除をする店は流行っているという話を知識レベルで知っていたとしても、われわれはトイレ掃除をしてきただろうか。

    結局はそこである。知っていることとやっていることとの間には大きな隔たりがあるのだ。その隔たりを埋めてくれるのが本書のもっとも良いところだと思う。ガネーシャの語り口調についつい引き込まれ、やってみようかと思わされてしまうのだ。また、本書の話の展開の仕方も一つの章に一つのアドバイスと課題が書かれていて、読み進めていくうちに課題に取り組めているような展開の仕方となっている。

    トイレ掃除や靴磨きなど、この本を読むことで習慣となったものも多い。
    そしてそれが直接の要因かは知らないが人生上向き始めているように感じている。だまされたと思って一読いただき、実際に課題に取り組んでもらいたい。きっと効果は現れ出るはずだ・・・。

  • 成功を夢見る平凡な青年に、ゾウの姿をした神様が現れる。 関西弁で「あんみつ」が大好物な神様。「ガネーシャ」と名乗るその神様は青年に、成功するための必要な課題を一つ一つ与えていく。  
    ・靴をみがく
    ・食事を腹八分におさえる
    ・その日頑張れた自分をホメる
    ・一日何かをやめてみる
    ・運が良いと口に出して言う   
    ・・・・
      
    数ある「成功本」のエッセンスを、ユーモアでまとめた本。
    しかし読むことに満足するだけではなく実行に移すことが何より大切だと感じた。

  • 大好きです。落ち込んだ時、読み直すと元気になれます。
    友達に貸したらもどってこない…

  • 普段自己啓発本を読まない人にもオススメ!!
    自己啓発の本なのに笑いながら読め、とても面白い。
    本当に変わりたいのであれば、「あ~面白かった」で終わるのではなくそれらを実戦することが大事だと思う。
    著者の願い通りにちゃんと実戦しつつ読むのがオススメです。何回か読もうと思います。
    この人の書いた他の本も読んでみたいと思えました。
    自分を少しでも変えたい人は買って損なしです。

    「人間が変われるのは、『立って、何かをした時だけ』や」

  • 一回読んで感動して、挫けたらまた読んで、参考書がわりに(偉人の名前とやったことは覚えたくなってしまう)また読んで。この関西なまりがたまらない。映像まだ見てないのに、読みながら既に古田新太の顔が浮かんだのでした。

  • 相手を喜ばせようとする人に金が集まっている。相手の喜ぶ事は何か考える。訪問した会社の雰囲気を確認する。トイレ掃除。夢は思うと楽しいものだ。ただでなにかしてもらうことが一番難しい。期待は成功の前借り。危険でもある。夢を人に話しても恥ずかしくないものにする。自分の夢が誰かの成功をサポートすることになればみんな応援してくれる。自分が欲しいものは全て他人が与えてくれる。だから他人のために行動する。そしたらお金も夢もついてくる。

  • 文句なしの評価★★★★★
    面白くて一気に読み終えました。

  • あまりのベストセラーのため軽視していた私。実に面白可笑しく日常の課題をこなしていく姿がすごい。変わろうとする成功しようとするではなく、日々の自分と向き合い、地道に自分の道を広げていくことが大切であるという根底にある流れを感じた。そう今を楽しく、ワクワクしていること。そこにたどり着けば人はもう勝手に努力していくのであろう・・

  • 世の中にあふれている「成功ノウハウ本」「自己啓発本」の中で、
    この本は一番のおすすめかもしれない。

    なぜか関西弁のガネーシャ(ゾウ)が、
    成功を夢見るサラリーマンに課題を与えていくお話。

    「分かっちゃいるけど、やめられない」
    「やった方がいいと思いつつ、実行できない」
    「本等を読んだ直後は実行してみるが、結局続かない」
    といった人間の弱いところもふまえてうまく書かれている。
    また、カーネギーからサム・ウォルトン(ウォルマート創業者)、
    カーネル・サンダースやスティーブ・ジョブズ、
    松下幸之助やイチローなどなど20名以上の著名人の名言、成功の秘訣も
    随所にちらばめられている。

    特に参考になり、「今」から実行しようと思ったのは下記のくだり。
    ○人が欲しがっているものを先取りする
    ○その日頑張れた自分をホメる
    ○一日何かをやめてみる
    ○「決めた」ことを続けるための環境を作る
    ○自分が一番得意なことを人に聞く
    ○身近にいる一番大事な人を喜ばせる
    ○プレゼントをして驚かせる
    ○やらずに後悔していることを今日から始める
    ○サービスとして夢を語る
    ○人の成功をサポートする


    ガネーシャの教えを日々実践していきたいと思います!!

  • かなり痛いことも書いてあったのが、よかった。

  • やりたいことが見つからない。その一番悪い方法は考えること。とりあえず体感してみる。自己顕示欲、憧れ、いろんなモチベーションがあるけれど、一番やるべきことは”やらずに後悔していること”

    収入、世間体、不安、それによってその後悔が固定されている。仕事という作業に費やす時間を喜びだと思えるような仕事.....一番好きな作業を選ぶ。自分の夢を大きくしていったら最終的にはみんなを幸せにすることにつながるはず。みんなが応援してくれるような夢。
    情熱?人の成功をサポートすること。

    事件、不幸が人を劇的に変える。
    誰かに才能を認めてもらうことで働くことがグンと楽しくなる。とにかく自分が気づかなかった才能を発掘するためにたくさん応募してみる。

    自分には何か才能がある、自分にしかできない仕事がある、そのことに関しては諦めたらあかん。見つかるまでそれを探し続けなければあかん。自分自身に対して諦めてはあかん。

    努力をする必要はない。自由に生きていい。自分がどこで幸せを感じられるかである。

    相補的に何かを満たされるような関係性。大きな欲を持っているということは大きく欠けているということ。

    自分が満たされていないと人に与えることができない。自分は十分幸せだから、他人の中に足りないものを見つけてそこに愛を注いでやる。周りに感謝する。

    頑張ることが楽しいと思えるようなことか....

    自分の考え方や文章が認められたらうれしいな。誰でも褒めるような人に褒められても全然嬉しくなくて、自分もその人の凄さがわかるような人に認めて欲しい。つまり対等に張り合えるライバルのような人が欲しいのだと思う。自分の今の楽しいはなんだろうか。書くことだろうか?少し前に自分の才能だと思って人から褒められていたことはすでにあまり嬉しいものではなくなった。それは慣習的な世間体にねじ曲げられたものなのかもしれないけれど、それが感情レベルまでにおいてねじ曲げられてしまったので違うのだろう。認められる、ということを諦めているのかもしれないな、そこに罪悪感を感じてしまうというか、世間体的なものによって。

    どうやら作者もブログによれば、「成功」がよく分からなくなっているらしい。成功とは他者の視線の束縛に耐え続けた結果として生まれているようにみえるので、ということだった。しかもその評価者たちはあまりに無知でその評価が世間にどのようなインパクトを与えるかさえ考えていない。(それじゃ彼がいう無知でない人はどこにいるのか?その人たちは自分以外の人を認める余裕を持っているだろうか?)全体をまとめたとき、自分がした局所的な優しさが全体にとっていいと働くとは限らないということである。いくら見えざる手を期待しても期待に過ぎないなんて思ってしまったりもする。そういった「方向」「夢」「憧れ」を失ったひとたはどうすればいいのか?ニーチェのニヒリズム克服とも似たところがあるが、初めからなかったに等しい貴族意識の復活を掲げたところで日本ではその指針が根付きそうにもない。強い信念を持つということであるが。
    次作に期待。

  • 終始面白おかしく、でも、人生で最も大事なことを教えてもらった気分。すぐにでも実践していける内容だった。
    インド出身の関西弁の神様、私の所にも来てくれないかな~!

  • BOOKOFFで100円だったので購入。それから、著者のブログをたまたま読んでとても面白かったから。
    自己啓発本でありながらエンターテイメント小説でもあり、硬い文調やシリアスな雰囲気は苦手という人でも気楽に読めると思う。
    本文中にもある通り、書かれている内容は目新しいものはないけれど、お話として面白いので気にはならない。
    本当はガネーシャの出すお題をクリアしながら読み進めなければならないのだけど、とにかく話の続きが気になったので一気読みしてしまったから、もう一度お題をこなしつつ再読したい。

全2203件中 1 - 25件を表示

夢をかなえるゾウを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢をかなえるゾウの作品紹介

「お前なぁ、このままやと2000%成功でけへんで」ダメダメなサラリーマンの前に突然現れた関西弁を喋るゾウの姿をした神様"ガネーシャ"。成功するために教えられたことは「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかりで…。ベストセラー『ウケる技術』の著者が贈る、愛と笑いのファンタジー小説。

夢をかなえるゾウのKindle版

夢をかなえるゾウの文庫

ツイートする