教育の完全自由化宣言! (人間性教育学シリーズ)

  • 35人登録
  • 3.44評価
    • (2)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 天外伺朗
  • 飛鳥新社 (2007年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870318359

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
ヴィクトール・E...
村上 春樹
ミヒャエル・エン...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

教育の完全自由化宣言! (人間性教育学シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 大脳新皮質シンドローム
    古い脳の抑圧が極端で、新皮質が支配的になると、
    表面的な論理と本質をはずれた言葉が空回りして、
    やることなすことぎこちなくなる。
    これで社会の病理的な様々な現象を説明できる。


    ペーパーテストでいくら大脳新皮質を鍛えても、
    人間性が向上するものではない。
    単に言語と論理を空回りさせて、うまく立ち回れる人間を育てているにすぎない。

    画期的な大プロジェクトをやる際は、優秀な社員を集めるのではなく、不良社員を探し出して全てを任せてしまうのが成功のコツ。

    一般的に、左脳右脳の役割分担はよく知られているが、これはいずれも大脳新皮質における意識レベルの思考であり、
    実際には情動や直感は無意識レベルの比重が大きいため、
    爬虫類時代までに進化した古い脳の関与がはるかに大きいと推定される。

    いじめにみられる生け贄の儀式は人類がほ乳類に進化する遥か以前から、抑圧的状況の中で自らの精神を安定させる為に獲得した行動様式と推定される。



    新技術というのは、技術開発のフェーズだけでなく、発売してから会社を挙げて何年も何年も歯を食いしばってプロモーションに取り組まないとビジネスの柱には育たない。
    CDも何年も何年も赤字が続いた。そして、大赤字を覚悟で初期のモデルの3分の1以下の廉価版を発売して初めて普及にはずみがついた。この時の方法論、すなわち、大赤字を覚悟で安い機器を売り、システムの普及をはかってから収益につなげていく大戦略は、その後のプレイステーションでも受け継がれている。
    テープレコーダーに至っては、何年も商売にならず、全社一丸となって学校教育という市場を開拓してようやく日の目をみた。

    ソニー凋落の原因は成果主義の導入。これも人間や組織が合理的な存在だという錯覚の上に成立している「大脳新皮質シンドローム」。


    日本の単位人口あたりの刑務所の収容人数は、アメリカの15分の1。20代の凶悪犯罪は、1950年代に比して数分の一に激減している。

    劣等感と優越感は心理学的には同じものであり、優越感は劣等感の代償作用である。

    一般に人間は他人の評価、社会や集団による評価によって
    自分の位置づけが決まり、自己イメージが決まる。
    自己の存在意義、人生の目的などもそれに左右される。
    このような借り物の自己イメージの中で発達した自我は自分自身の身体性や情動とも切り離されている。
    そこから首尾よく脱出し、身体性や情動を統合し、深いレベルの本質的な自分自身に接地し、自分は本当に何を感じ、
    何を求めているかが実感できるようになると、人は絶対的な存在感の確立の方向へと進んでいける。
    それをさらに深めていくと、やがて母なる大地、大自然、あるいは宇宙との一体感といった極めてスピリチュアルな感覚に繋がっていく。

    ディープグラウンディングを深めるためには、先ず自分自身の内なる欲求に従って、しっかりと外界(宇宙)に働きかけ、その結果をごまかすことなくちゃんと受け取る事が必要。
    それを数限りなく繰り返す事で少しづつ深まっていく。


    科学というのは未知という巨大な平面に、既知をくくった円を描いているようなもの。科学が進むと既知の円はどんどん大きくなるが、円が大きくなると、未知と接している円周もまた長くなっていく。神秘としか言いようが無い科学では説明できない現象がみえてくる。


    300万年の人類の進化の歴史の中で、言語の原形が出現するのは約10万年前。つまり、言語以前の基礎的な知能の進化に97%の時間を費やしている。従い、言語処理や論理操作のみで人間の知能を定義する事は基本的に誤りだと結論できる。

    「認識」について、膨大な数の記憶パターンは目や頭や身体の動きをち... 続きを読む

  • こんなに書いてあることに共感し納得した本は他にない。何度でも読み返したい本。教育の本当の目的は何かを考えさせられる。

  • 現代日本の教育制度が、如何に効率が悪く、人としての成長を阻害しているのかがよく分かる。
    一刻も早く改革すべき。

  • 著者が文科省で講演したと聞いてはじめはなぜ?と思いながら読み進めたが、画一的な授業を子どもたちが受動的に受ける教育の現状の問題点を指摘しながら、「教育の完全自由化ー学習指導要領、標準カリキュラム、教科書けんてい、教員免許、教育委員会などを全廃する」という結論にいたりなるほど。公教育の解体、市場に委ねるという主張において、規制緩和論、小さな政府論と重なるわけかと納得。
    様々な教育論を概観させてくれる点は興味深く読んだけど、『完全自由化』が指摘する問題群を解決する処方箋となるという結論には大きな飛躍があると感じる。

  • 2013-9-19 のぶぅさんお勧め

全5件中 1 - 5件を表示

天外伺朗の作品一覧

天外伺朗の作品ランキング・新刊情報

教育の完全自由化宣言! (人間性教育学シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

教育の完全自由化宣言! (人間性教育学シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする