脳ブームの迷信 (家族で読める family book series) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説)

  • 57人登録
  • 3.63評価
    • (3)
    • (7)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 藤田一郎
  • 飛鳥新社 (2009年11月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870319691

脳ブームの迷信 (家族で読める family book series) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説)の感想・レビュー・書評

  • 表題通り、脳ブームの各種迷信をその理由とともに解説している。一時期はやった脳トレもその効果は実際のところ不明とし、脳の血流が上がったからと言ってそれが脳の機能の向上となっているわけではないとの事。あと、GABAを経口摂取してもストレスは軽減されないことは脳科学者の間では常識らしい。この本に対する、茂木健一郎先生のご意見を拝聴したいと思った。

  • 脳科学のブームの迷信と誤謬をわかりうる範囲内で丁寧に解説している本。ページ数も少なくさっと読めるので、基本的なことがよくわからない人にはちょうどよいと思う。表紙の回る錯覚の絵がよい割に、中の印刷が味気ないので少し減点。

  • 流行したゲームソフトに対する批判なのかしらね?
    その脳トレゲームをしたことありませんが・・・

    他の脳科学の研究者がもてはやされたから、
    逆にジェラシーを感じているの? と思ってしまうのは、僕だけでしょうか?

    確かに、正しい脳科学を理解した方がいいでしょう。

    右脳や左脳で区別することは、意味が無いのかも知れませんが
    こんなもんは、血液型占いと同じで、大雑把で
    お遊びに毛の生えたものである。

    と誰でも理解していると思うのですが・・・

    違うのかしら??

    本のタイトルにまで文句を言っていましたが・・・
    本の編集者が「タイトル」を考えるのが大半な気がします。

    硬いタイトルでは、誰も手にとってくれないし、売れな!!
    だから・・・キャッチなタイトルになるのでしょう(笑)
    何でもありのありまくりの世界ですよ(・´з`・)

    出版するなら、もっとボリュームのある内容にして欲しかったなぁ~
    役立つ情報も欲しかったかも・・・

    じゃ!!本当の脳トレ方法はどーすればいいの??
    それが専門じゃないから書けないってことなのかしら

  • 脳みそ全体の10%しか使ってないとか、右脳左脳タイプとか、「大人のドリル」で賢くなって若返るとか、ぜ~~~~~んぶエセということがはっきりわかりました。(-人-) 合掌!
    はい、この手の本は定期的に読みます。
    でないと、私はす~~~ぐバカになるなぁ。(^^;)

  • ・関連HP http://www2.bpe.osaka-u.ac.jp/ackamaracka/
    ・脳ブーム(ニセ科学)批判の本
    ・批判対象のブーム事象(結構、懐かしい) →脳トレ、GABA(チョコ)、DHA(魚)

  • 脳科学の詳細ではなく、迷信から脳科学の実態はこうなのですよ、と説いた本。研究者として誠実さを感じます。脳ブームへの正しい視点はともかくとして、この著者の誠実さを見習うべきでしょう。面白さばかりを強調して、大した説明もできないのでは研究者としては無責任です。

全9件中 1 - 9件を表示

脳ブームの迷信 (家族で読める family book series) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説)を本棚に登録しているひと

脳ブームの迷信 (家族で読める family book series) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

脳ブームの迷信 (家族で読める family book series) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

脳ブームの迷信 (家族で読める family book series) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説)を本棚に「積読」で登録しているひと

脳ブームの迷信 (家族で読める family book series) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説)はこんな本です

ツイートする