論理的に考える力を引き出す―親子でできるコミュニケーション・スキルのトレーニング

  • 137人登録
  • 3.77評価
    • (12)
    • (14)
    • (21)
    • (1)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 三森ゆりか
  • 一声社 (2002年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870771697

論理的に考える力を引き出す―親子でできるコミュニケーション・スキルのトレーニングの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コミュニケーション・スキルのおおまかな技術は16。
    1話す技術
    2聴く技術
    3書く技術
    4読む技術
    5論理的思考の技術
    6論証の技術
    7推論の技術
    8説明の技術
    9描写の技術(目で見たものを伝える)
    10討論・議論・ディベートの技術
    11主張の技術
    12交渉の技術
    13説得の技術
    14発表(プレゼンテーション)の技術
    15分析・解釈の技術
    16批判の技術(批判的思考/クリティカル・シンキング)

    好な理由を聞かれて「***なところはあるけど、●●だから好き」と答えてしまうことはよくある。けど「好きな理由」に「嫌いな理由」を入れてしまってるということ!今まで気づかなくて目からウロコ。

    「知らない」「分からない」「別に」は許さない。深入りしない程度に通用しないことを認識させること。
    コミュニケーションの拒絶はさせない。

    「問答ゲーム」を読んでいてこれか!と。
    子供の授業参観は発表が多いのだけど、みんな一様に「私は**が一番すきです。なぜなら●●だからです。」
    学年が上がると「理由は3つあります。1つは・・」と定型で発表する。こういう訓練を小学校が始めたんだ。

    実例が多いのでわかりやすく、あーやってるーと刺さる箇所も、なるほどこういう言い方をするのね、と参考になる箇所も多い。
    がんばろう、子供よりまず私だわ。
    と思いつつ、先ほどの会話もグダグダだったと凹む。

    ・相手が答えやすいように具体的な質問をする
    ・相手の質問の内容にはっきり答える
    ・相手の質問と無関係な話はしない
    ・相手の質問に関連して思いついた事柄を適当に話さない
    ・相手から的を得た答えが返ってきたら、質問者はその内容に応じて次の質問を組み立てる
    ・質問者は次々に別の質問を羅列しない
    ・質問内容を変えるときは、その旨を相手に伝える

  • 海外と日本の比較という視点が鼻につく。筆者によればヨーロッパでは歴史的に言語の異なる民族どうしが暮らしてきたため、コミュニケーションをとるために言葉を尽くすようになった、とのことだが、ヨーロッパの人でもコミュニケーションのために言葉を尽くそうとしない人を知っているので、私には説得力のない説明だった。
    ただ、段階を踏んで日常の中で論理的思考を身につけていく、特に言葉を通して、というやり方はとても参考になる。子供とのやりとりを具体的な場面を想定して例示しながら説明してあるのもわかりやすい。

  • 確かに、子どもとの会話にも論理は必要。なぜ必要か、それをきちんとお互いに確認するための作業を要する。親にもコミュニケーションスキルの修得が必要であると痛感。

  • 『イラスト版ロジカル・コミュニケーション―子どもとマスターする50の考える技術・話す技術』を文章で書いた版。
    考え方などはこちらの方が詳細。

  • 親子でできるコミュニケーション・スキルのトレーニング/Logical Communication ―
    http://www.isseisha.net/cartpro/cart.cgi?id=ISBN978-4-87077-169-7 ,
    http://www.laitjp.com/

  • (2002.06.01読了)(拝借)
    親子でできるコミュニケーション・スキルのトレーニング
    (「BOOK」データベースより)amazon
    本書は、子供から論理的な思考力と論理的なコミュニケーション能力を引き出すためのトレーニングの方法をまとめたものである。本書では、子供が日常生活の中で自然に楽しみながら論理的に考え、論理的にコミュニケーションをするための技術(スキル)を獲得する方法を詳しく説明した。

  • 親「今日、〜、どうだった?」
    子「楽しかった」 「別に」 「面白くなかった」
    親「…」

    という会話で困っている親、困りたくない親はぜひ。
    十年前くらいに買って、今回友人に貸すので読み返した本。
    説明は長いけれど、親に論理的に考える力が、話す力がないと、こどもにその力は育ちにくい事はよく分かる。

  • 大変有意義な本だった。

    「察しの悪い親になるべし」は耳の痛い話ではあるが、日常生活の中で文章を組み立てる力を身に付けるにはもってこいの作戦。
    個々のコミュニケーション・スキルを上達させるための練習方法はもちろんのこと、「日本社会適応モードと国際社会適応モード」の話にはハッとさせられた。自分は(記憶にある限りでは中学生のころから)理屈っぽい性格を指摘されて凹んだり、会話の内容がコロコロ変わる女友達に腹を立てたりしたものだが、なるほどそういうことだったのかと合点がいった。
    幼少時からトレーニングすべしとあるが、今からでも遅くはないと思うので、我が子のコミュニケーション力を育むために実践していこうと思う。
    「なるほど...でも」は、自分自身に必要な技術なので、特に意識して使っていこうと思う。

  • 「問答ゲーム」の実践方法が具体的に示されている。「問答ゲーム」を行う場合に再読する。

  • 国語力の中で本来身につけるべき、問答する力。これの重要性を改めて認識した。学校の国語の授業では機会が少ないと思われることから、家庭の中で養うことがとても大事だ。
    問われたことに答える力があって初めて海外でも渡ることができる。
    一方で、昔、維新の頃などは漢文を通してこのような力を養ったのだろうか。考えさせられる。

全21件中 1 - 10件を表示

三森ゆりかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
トニー・ブザン
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

論理的に考える力を引き出す―親子でできるコミュニケーション・スキルのトレーニングを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

論理的に考える力を引き出す―親子でできるコミュニケーション・スキルのトレーニングを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

論理的に考える力を引き出す―親子でできるコミュニケーション・スキルのトレーニングを本棚に「積読」で登録しているひと

論理的に考える力を引き出す―親子でできるコミュニケーション・スキルのトレーニングの作品紹介

子どもの話す言葉が、細切れの単語だけになる、何を言っているのかわからない、意思が通じないのでキレてしまう、そういう経験はありませんか?
本書は、長年子多数野どもを指導してきた豊富な経験を凝縮し、家庭や学校で簡単に楽しく取り組めるトレーニング方法からより高度な訓練まで、わかりやすく紹介。

論理的に考える力を引き出す―親子でできるコミュニケーション・スキルのトレーニングはこんな本です

ツイートする