旅するカメラ エイ文庫

  • 104人登録
  • 3.67評価
    • (11)
    • (14)
    • (20)
    • (2)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 渡部さとる
  • エイ出版社 (2003年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870999497

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

旅するカメラ エイ文庫の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フィルムカメラを使い始め、MFが体で理解出来るようになりたくて、現役カメラマンのエッセイ集を探し読んでみました。

    私は旅行や散歩が好きですが(本能で引っ張られる。。)、旅先の光や湿度が様々で、それが必然的、時には偶発的にフィルムに反映するものだとまでは感じていませんでした。

    光は光だけど、エネルギーの源だなぁと、渡部さんの文章を読んで感じました。

    それにしてもおもしろい本でした。続編も読んでみたいと思います。

  • 絞りを決めてシャッタースピードをセット。ピントリングを回しスクリーンに徐々に結像する被写体を、息をひそめて捕らえる。何十年やってもこの行為には飽きがこない。【#24「オリンパスOM-1」より】その他全部で25本のコラム。いずれも写真やカメラに関するものばかり。

  • 今の新人はどこで泣くのだろう?

    暗室が無くなった現在、作者の問いにわたしはこう答える。
    「トイレです」、と。

  • カメラと写真に纏わるエッセイ。初版2003年、フィルムからデジタルカメラへの移行の時期、フィルム、デジタルどちらもその魅力が伝わってくる。掲載されている写真も良い。

  • さくさく読める好エッセイ。
    しかし2003年に書かれた本書と2012年現在のカメラ事情を比べると隔世の感があります。デジタルの進歩はすさまじい。

  • 内田さんの本に続いて出てきたフォトエッセイ集。ユーモアを交えた文章は、思わずくすっと笑わせる文章は、秀逸。また文章と共にモノクロの写真が良い。昔の2Bを知ることが出来る貴重な写真が掲載。読み返しがきく旅のお供に最適な1冊。

  • カメラにとりつかれてしまった著者の渡部さとるさんの日常がとても魅力的に描かれています。
    プロのカメラマンになるとはどういうことなのか、そしてプロの方も私たちと同じように中古カメラやさんを回って「ううむ、これが欲しい…」とか身もだえしているもんなんだな〜(勿論、そこはプロなので予算とか知識とか色々違うわけですが)とか色んなことが軽快なタッチで書かれていて面白く読めました。
    カメラについても色々なカメラの色々なエピソードが書かれていて、実はこれを読んで思わず買ってしまったカメラもあったりして…。私もカメラ中毒っぷり、けっこう重症のようです。。。

  • 師匠、ついていきます!(笑)

  • この本の中の、鳥を掴んでる少年の写真が大好きだ。

  • タイトルだけで惹かれませんか?じっくりゆっくり読みたい本です。

全10件中 1 - 10件を表示

旅するカメラ エイ文庫を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

旅するカメラ エイ文庫はこんな本です

ツイートする