おばさんのごちそう

  • 83人登録
  • 3.79評価
    • (6)
    • (10)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 五味太郎
  • 絵本館 (1978年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871100328

おばさんのごちそうの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おっと意外な展開。
    ハムがでてくるところ全部好きだなあ。
    子ども二人がずっと笑顔なのがおかしい…。

  • 料理名人のおばさんの料理の作り方は、ふつうの人とはちょっとちがう!?さあどんな料理が出てくるのでしょうか。

  • 平成21年7月10日 2年生。

  • おばさんが、料理をふるまってくれる。
    パンを焼いたり、人参スープを作ったり、ハムを冷やしたり、卵を焼いたり…。
    でも、なんだかちょっと変。

    出てきたのは、イス、人参柄のテーブルクロス、お皿、蓄音機。
    肝心の料理は機械でぱぱっと出してしまう。
    感心する男の子と女の子だけれど、この方法は母親から教わったものだとか。
    壁には魔女の肖像画が…。

    料理を作っていると思ったら別のものが出てきた。
    そして、絵で語るおばさんのお母さんの正体。
    面白い~。

  • 普通にごちそうを作っているのかと思いきや、出来上がったものはどれもびっくりするものばかり。おもいがけない展開が面白いです。

  • 初めて読んだときは、私も娘も、絵本の中の男の子&女の子と一緒にびっくり!
    3歳半の娘のお気に入り。
    1日1回は「おばさんのおりょうりのほん、読んで〜」と持ってきます。

  • この絵本を見てから料理を作ることに興味を持つようになりました?
    小さい頃はこの本を何度も読み返して涎を垂らしてました(笑)

  • 料理の名人のおばさんの何とも不思議な料理が…でも食べた後はリラックスしてのんびり。

  • まほうつかいのおばさんのごちをうは何が出てくるのかな?
    パンを焼いているのか、スープを作っているのか、でもどこか変なスープに角砂糖。
    ハムにお花。何ができるのかは読んでからのお楽しみ。

  • こどもの頃から食べ物が出てくる本が好きでしたが、これは特にお気に入りでした。おばさんが何でも作っちゃうんです、テーブルもお皿も。
    もちろんケーキも。焦げた目玉焼きがまさかあれになるなんてね、オチもついててそこも好き。

全14件中 1 - 10件を表示

五味太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かがくい ひろし
中村 牧江
なかがわ りえこ
マージェリー カ...
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印

おばさんのごちそうを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おばさんのごちそうを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする