はやくあいたいな

  • 117人登録
  • 3.90評価
    • (11)
    • (16)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 五味太郎
  • 絵本館 (1979年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871100335

はやくあいたいなの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おばあちゃんとよおちゃん。急に会いたくなりお互いに出かけていきます。
    よおちゃんはバスで、おばあちゃんは電車で。ところがすれ違い・・・
    早く会いたいのになかなか会えません。
    二人の一生懸命な姿が、微笑ましくて可愛いお話です。

  • おばあちゃんと孫のキモチのシンクロニシティがすごい!五味太郎さん、ブッとんでる(褒めてます)

  • 図書館

  • 27年度 (1-1)
    3分

  • 二人のはやくあいたいという気持ちに心温まります。多くの乗り物が登場するのも楽しい。じれったくもなる。笑顔の絵が素敵ですね。

  • まごに会いたいおばあちゃんと、おばあちゃんに会いたいまご。ふたりともひたむきで、おっちょこちょいで、おたがいのことが大好き。
    絵本の左右ページをうまく使って、ふたりのすれ違いを描いているので、指差ししながら楽しめました。何度も読んでいます。2歳半

  • よおちゃんはある日突然、おばあちゃんに会いたくなって出かけるが、同じ時、おばあちゃんもよおちゃんに突然会いたくなって出かけていた。
    お互いに家について2人はびっくり。あわてて自分の家に帰るが、またすれちがいになってしまった。
    もう待っていられないと、よおちゃんは二輪車で、おばあちゃんはスクーターで会いに行く。そのとちゅうの木の下でやっと2人は会えて。
    今度会いたくなったら、お互いの家のちょうど真ん中にある木の下で会おうと約束をした。

  • 図書館で借りてきた本。なんて気の合うおばあちゃんと孫だろう。
    だんだん急いでるように感じて、事故しないか?って心配してしまった。

  • 長女が3歳11ヶ月の頃に購入
    おばあちゃん大好きな娘はこの絵本がお気に入り。おばあちゃんが来ると出してきて「私とおばあちゃんのお話し」「私が行くからおばあちゃんはお家で待っててね」などと話していました

  • おばあちゃんが大好きな孫と、孫が大好きなおばあちゃん。


    お互い大好きなおもいがふくらんで・・。。

全20件中 1 - 10件を表示

はやくあいたいなを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はやくあいたいなを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする