だれがいちばんはやいかな

  • 27人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
制作 : いとう ひろし 
  • 絵本館 (2001年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871101608

だれがいちばんはやいかなの感想・レビュー・書評

  • 「ウサギとカメ」に似ているね。ラストの落ちが可愛いよ。

  • チビ2号、幼稚園、「読みの時間」にて

    2012/01/26
    チビ2号、幼稚園、「読みの時間」にて

  • かたつむり、馬、うさぎ、猫、めんどりが誰が一番早いかを決めるためにかけっこをする。
    一番前を走っていた馬はだれもこないので、ちょっと休憩と、草を食べはじめる。
    その横をうさぎが追い抜いて行っても気付かない。
    うさぎ、猫、めんどりも次々に休憩をして、最終的にかたつむりがゴールの木の到着。
    みんな結果に納得が行かない。
    そこで、今度は一番最初に家に帰ったものが一番だと言う。
    みんなが走って帰ってもかたつむりはその場を動かない。
    かたつむりの家はカラなので、いつでも家に入ることが出来たのだった。
    今度もかたつむりの勝ち。

    うさぎとカメをちょっとひねった話。
    最後の落ちはかたつむりならでは。

    ステンドグラスみたいな絵が面白い。

  • 馬とウサギと鶏と猫とカタツムリが、誰が1番早いか競争するお話。
    ウサギとカメのアレンジ版。他の4匹が油断している間に、カタツムリが一番になってしまう。その結果に気に入らない4匹は、今度は1番早く自分の家に帰ったものが勝ち!という競争をする。さて結果は・・・・

    家に早く帰る勝負!ぐらいしか工夫ポイントが無いので、原作以上にはなってないかなあ・・・・というのが正直な感想。絵柄は力強い感じで好きです。粗い紙に描いた絵を、拡大?超アップ?接写?してる見たいなので、他のお話も見てみたいです。

  • グレイニエツさんの絵が大好き。真理の隠された絵本だなぁヽ(=´▽`=)ノ。

  • まるっきり、ウサギとカメのような話ですが、最後がちょっと可愛いです。
    イラストが好き。

  • うさぎとかめのようなお話。馬やうさぎといった、速さ自慢の者達が、かたつむりも交えて競走する。途中で油断して、どんどん脱落していく中、かたつむりは最後までがんばって優勝!!しかし、他の皆は納得せず。そこで、今度は誰が一番先に家に帰りつくかを再び競うことに。もう、わかるよね☆

全8件中 1 - 8件を表示
ツイートする