安西水丸 地球の細道

  • 59人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 安西水丸
制作 : 安西 水丸 
  • ADAエディタトーキョー (2014年8月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871406871

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
三浦 しをん
トマ・ピケティ
柴崎 友香
東山 彰良
西 加奈子
いとう せいこう
安西 水丸
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

安西水丸 地球の細道の感想・レビュー・書評

  • いろいろなことを知っている、と関心する。きょうみを持ったことを突き詰める性格なのだろう。見習いたい。
    芸術家や建築家に対する冷めた目線が面白い。


    カ亀倉雄策の直言飛行フィリップスタルク氏設計の「スーパードライホール」について。依頼主のアサヒビールの社長は、設計のスタルク氏に「ガウディを凌ぐようなものを」。ガウディを凌ぐということの大変さは、素人でもわかる。それを承知でヌケヌケと言う人も人だが、ハイと返事をして引き受けた人も人である。

    壱岐、おもしろそう。

  • 読み応えばっちり。
    歴史にもこんなに造詣が深かったのね。
    海外、日本と順番に巡った旅でのことを紹介しているのだけど、何故か海外編の方が面白かった。

    来年の大河(真田幸村)存命だったら楽しみに見ていただろうな。

  • 旅のスケッチとそれにまつわるエッセイが92編.

    行き先は,タイトル通り「地球」のどこか.
    日本でも海外でもお城は必須.港町や川岸,岬も多い(名前の通り,水辺が好きなのかな...)
    ふよふよっとした独特のタッチの絵を見ているだけでも楽しいけど,それぞれのエッセイもバラエティに富んでておもしろかった.旅先でのできごとから展開して,歴史上の人物,好きな映画,コレクションのあれこれ,といろんな話が引き出される.ただの紀行文じゃなくて,そこから安西さんって人物の人と也が浮かび上がってくる感じがした.

    地図から話を選んだり,パッと開いたところを読んだり,時間をかけてつきあえる1冊だと思う.

  • GAギャラリー「安西水丸 地球の細道」展
    会期:2014年9月20日[土]~2014年11月3日[月・祝]
    http://www.ga-ada.co.jp/japanese/ga_gallery/2014/1409-11_anzai/gallery_anzai.html

    ADAエディタトーキョーのPR
    http://shop.ga-tbc.co.jp/shopdetail/000000003445/

全5件中 1 - 5件を表示

安西水丸 地球の細道を本棚に「読みたい」で登録しているひと

安西水丸 地球の細道を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

安西水丸 地球の細道の作品紹介

芭蕉は日本、水丸は世界の「ほそみち」を辿る。稀代のマルチ作家が遺した92の旅風景。

安西水丸 地球の細道はこんな本です

ツイートする