はじめて読む8086―16ビット・コンピュータをやさしく語る (アスキーブックス)

  • 158人登録
  • 3.44評価
    • (7)
    • (8)
    • (32)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 蒲地輝尚
  • アスキー (1987年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871482455

はじめて読む8086―16ビット・コンピュータをやさしく語る (アスキーブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なーるほどな本

  • マシン語を勉強するために買った。93年頃のことだ。MASMでアセンブラを勉強していた。

  • CPU、アセンブリ、プログラムの実行に関する基礎知識をつけたい人へ。
    古い内容もあるので、その辺を流せば数時間で読める。

  • CPUの基礎を知っておくには良いかもしれないが、さすがに古すぎるか…

  • 教科書
    高専

  • アセンブラをはじめて学ぶ人に。内容が16ビットCPUについてと古いが、入門としては丁度よい。

全6件中 1 - 6件を表示

蒲地輝尚の作品

はじめて読む8086―16ビット・コンピュータをやさしく語る (アスキーブックス)はこんな本です

はじめて読む8086―16ビット・コンピュータをやさしく語る (アスキーブックス)を本棚に登録しているひと

はじめて読む8086―16ビット・コンピュータをやさしく語る (アスキーブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

はじめて読む8086―16ビット・コンピュータをやさしく語る (アスキーブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はじめて読む8086―16ビット・コンピュータをやさしく語る (アスキーブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はじめて読む8086―16ビット・コンピュータをやさしく語る (アスキーブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

はじめて読む8086―16ビット・コンピュータをやさしく語る (アスキーブックス)の作品紹介

なにげなく使っているコンピュータ。でもコンピュータはマシン語で動いています。マシン語を知ることはコンピュータの仕組みを知ること。本書を読むことで、これまでブラックボックスであった"ほんとうのコンピュータ"を学べます。

ツイートする