買ってすぐ上がる銘柄で1日3万円稼ぐ近藤式デイトレード投資法―自動売買で月50万円儲ける

  • 12人登録
  • 2.75評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 近藤晋一郎
  • あっぷる出版社 (2004年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871772303

買ってすぐ上がる銘柄で1日3万円稼ぐ近藤式デイトレード投資法―自動売買で月50万円儲けるの感想・レビュー・書評

  • (^^)とっても詳細


    ・資金100万円で月500万円の利益を出すデイトレードプラン

    ・デイトレードは、現在目の前で起きてる明朗な値動きをつかまえる技術です。
     デイトレードこそ、実は安定的な収益を得るのに適しています。


    ・日々の収益・月間の収益を検討することによって、月に500万円の利益をあげるために、
     自分がどうすればよいか、対策を立てることができます。

    ★前月より増えることを目標にします。
     デイトレードに参戦できる日数は、約20日です。
     
     それを日割りして、1日いくら利益を上げたらよいか、わかってきます。
     その、クリア利益を得ることを目標にすれば、自然と道は開けてくるのです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ★デイトレードを始めるには?
    1、証券口座選び、開く

    2、パソコン環境、、、、日下さん

    デイトレードで利益を得るためには、ある程度の設備投資は必要です。
    デイトレードが成功するかしないかは、相場中のチャートから得られるチャート情報が大きい
    のです。

    デイトレードを効率よく、合理的に行うには、最低限2台のパソコン画面が必要になってきます。

    必ずしも最新型の高性能パソコンである必要はありません。
    必要最低限の性能を確保していればかまいません・

    CPU・・500MH以上、P,C、A、Dのいずれでもよい。

    メモリー・・128MB以上(大きければ大きいほどよい)

    HD・・・10GB以上(少なくても問題はない)

    モニター・・17インチ以上(CRTの場合)、液晶は15インチ以上あればいい

           画面を4分割してみるときは解像度SXGA(1280×1024)
           設置場所に余裕があるならば、高性能の液晶ディスプレイ1台よりも、
           CRTを2~3台並べて使ったほうが、使いやすいと思います。

           1、世界市場を監視するための1台
           2、チャートを表示、発注のための1台
          

    OS・・・ウインドウズXP。ウインドウズ2000が望ましい。フリーズしにくいことと、搭載メモリーの性能を
        十分に引き出せるため。

    光ファイバー&有線・・・デイトレードでは、短時間に何回も、売買を繰り返しますので、
                  安定した通信回線が絶対必要です。
                  

      ★考えられるリスク
      1、証券会社のシステムダウン・・・口座を複数に分けてリスクを軽減する
      2、通信回線のトラブルリスク・・地域で利用可能なものを2種類選択することをお勧めします


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ★デイトレードを成功させるために、守るべき鉄則!

    ・リスクをできるだけ少なくする方法を取ります。

    ・デイトレで生き残ってる勝ちとレーダーは、
     「損ぎりが人より少しだけ上手だった」「だいたい勝負は5分5分だけど、手元に残る資金は着実に増えてる」
     といいます。

    ・決断をスパスパっとすることがコツ

    ・常勝トレードに必要なことは、仕掛けるタイミングでも、取引手法でもありません。
     それは、「えらいこっちゃ!どうしたらよいかわからない」という修羅場で自分の才覚と度胸の大きさが試されます。
         
    ・過去の売買記録を詳細に検討する=為替鬼さんhttp://blogs.yahoo.co.jp/kawaseoni
    ★週間ごとに、検討することにより、利益を出すための改善点が見つかります。

    1、週間の総損益・・・・週間利益、月間損失
    2、総トレード・・・・・・・・勝ちトレード数、負けトレード数、勝率
    3、勝ちトレード平均利益、負けトレード平均損失
    4、売買の種類ごとの損益
    5、連続勝ちトレード数・連続負けトレード数
    6、1取引あたりのロット数

    月間の合計損益を検討するのは当然としても、さらに詳細に検証する人は少ないのではないでしょうか。
    売買の種類ごとの損益を検証することで、自分はどの売買パターンが得意なのか見えてきます。


    ・5回も6回も立て続けに負けると気分が滅入ります。
     しかし、デイトレードをはじめたばかりのころは、そのようなことが起こりうるのです。
     成功には成功の理由が、失敗には失敗の理由があります。
     成功した時の要因を振り返って見ることが大切です。

    <方法>
    チャート画像をプリントする。よいパターンを検討して、イメージを取り戻す。
    失敗した原因を検討するより、好調時の自分をイメージするほうが、ずっと効果的です!


    ★スランプにも負けないで、デイトレードを成功させる方法!

    ・精神的な重圧を軽減するためロット数を少なくする。
    ・うまく仕掛けたら、すばやく利食い
    ・1日1万円。これを最低目標としてみる。
    ・損きりを強いられたら、その日のうちに挽回するように努力する

    ★自分の得意なパターンを身に付け増やす!

    ★1時間半で10万円!!





全2件中 1 - 2件を表示

買ってすぐ上がる銘柄で1日3万円稼ぐ近藤式デイトレード投資法―自動売買で月50万円儲けるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

買ってすぐ上がる銘柄で1日3万円稼ぐ近藤式デイトレード投資法―自動売買で月50万円儲けるはこんな本です

ツイートする