寝る前の15分!渡邉美樹ワタミ社長が成功するためにしている3つの習慣 (田村孝・開運シリーズ)

  • 19人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 田村孝
  • あっぷる出版社 (2007年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871772778

寝る前の15分!渡邉美樹ワタミ社長が成功するためにしている3つの習慣 (田村孝・開運シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 寝る前の15分!

    夢を書いた紙を毎日見る
    どうすれば達成できるか、どんな方法があるのか、今やるべきことはなんなのか
    その夢を見て口にする
    あらかじめ願望に理由付けをする
    過ぎたるは猶及ばざるが如し 120%の力でがんばる
    命あることに感謝する。他人を祝福する。
    勝って兜の緒を締めよ
    実るほど頭を垂れる稲穂かな
    ぼちぼちでんなあ
    トヨタの信条 整理、整頓、清潔、清掃
    毎日15分の瞑想 心を落ち着ける
    一番大事な時間に携帯を切る

    今お金持ちの人が貧乏な頃何を習慣にしていたか。願望、計画、行動。

    他人を避難、中傷しないことはリスクマネジメント
    自分も責めない。

    高い活動能力を得るためには深い静止能力が必要
    翌日のシミュレーションは深い睡眠から得られる元気の源を120%利用する為のもの
    過去のマイナス感情をリセットする
    今あるものを大切にしないと夢を叶えられない
    快楽と幸福を混同すると願いは叶わない 潜在意識が喜ばない
    セロトニンとドーパミン。ドーパミンはほどほどに
    夢を実現するには設計図が必要
    自分を管理できない人は他人に管理される
    紙に書く行為は綿密に計画することに繫がる ミスを最小限に抑えることが出来る

    願望実現は車の運転と同じ
    目的地と予定時間を決める  手段とルートが決まる
    遠方と数メートル前方をバランスよく確認 時には後方も
    社会のルールは必ず守る 悪事千里を走る

  • 現実的な成果を出すための習慣を知りたくて読書。

    なぜか今の自分には響くものがある。

    ・敵を作らない。
    ・集中する。
    ・妬み嫉妬を抱かない(抱かせない)。

    他人を成功させることを自分の目標とする。
    ライバルへおめでとうを口にする。
    自慢しない。他人批判しない。

    ぼちぼちでんな~の精神は大阪の商人が敵を作らず共存共栄をしていくための商人の知恵なんだと思う。

    15分何々という文章が多い。
    ここぞというときに携帯を15分切ってみるのはいい習慣だと思う。

    そして、本書からの最大氣づきは、
    冒頭で紹介されている寝る前に15分間リセットという作業。

    最近、夕食後そのまま寝てしまうことが多く、寝る前の習慣、1日のクロージングがダメダメ状態が続いていると自覚しているので特にピピピっと響いた。

    1日の反省と自己分析、よかったことなどを書き記すリセット習慣を今日から始めることにする。

    読書時間:約30分

全3件中 1 - 3件を表示

寝る前の15分!渡邉美樹ワタミ社長が成功するためにしている3つの習慣 (田村孝・開運シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

寝る前の15分!渡邉美樹ワタミ社長が成功するためにしている3つの習慣 (田村孝・開運シリーズ)はこんな本です

ツイートする