生命と場所―意味を創出する関係科学 (BOOKS IN・FORM)

  • 10人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 清水博
  • NTT出版 (1992年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871881623

生命と場所―意味を創出する関係科学 (BOOKS IN・FORM)の感想・レビュー・書評

  • 自律的に作動する生命としてのコンピュータの構想が、80年代に行われていた。いわゆる、ニューラルネットワークの系譜とオーバーラップするが、データを外からあたえて、他律的に(アルゴリズム的に)コントロールすることとは異なる言及がなされている。現代の人工知能に対する画一的なイメージを打破させる。

  • ひととおりよんで,場所というキーワードが残った.

全1件中 1 - 1件を表示

生命と場所―意味を創出する関係科学 (BOOKS IN・FORM)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

生命と場所―意味を創出する関係科学 (BOOKS IN・FORM)を本棚に「積読」で登録しているひと

生命と場所―意味を創出する関係科学 (BOOKS IN・FORM)の作品紹介

生命の本質は分析的な方法で迫るだけではとらえきれない。「命あるもの」とは何か。生命世界には、あきらかに物質世界とはちがった性質がある。生命に普遍的な性質は、無限定な環境から送られてくる信号の意味を取り出し、蓄え、解釈し、自己創出することにある。また、生命は環境の変化にあわせて、意味を不断に創造し、破壊しつづける。生命の情報とは、これまでの科学があつかってきた信号としての情報ではなく、変化する環境のなかに生きていくための意味情報である。意味情報はどのようにつくられるのか。そこに、情報創出の問題もひそんでいる。生命を探究するための構成的方法とともに、新しい関係の科学を提唱する。

生命と場所―意味を創出する関係科学 (BOOKS IN・FORM)はこんな本です

ツイートする