マイクロソフト・シンドローム―コンピュータはこれでいいのか!?

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
  • オーエス出版 (1998年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871908108

マイクロソフト・シンドローム―コンピュータはこれでいいのか!?の感想・レビュー・書評

  • 外崎則夫とは
    現時点(2011年11月)にて本人のFacebookページ(ログイン時)に表示されている情報より転載

    勤務先  新日鉄ソリューションズ
    出身大学 東京理科大学 1990年卒業
    出身高校 青森県立五所川原高等学校 1982年卒業
    (上記より逆算すると1964年生まれ)
    居住地  和光市
    血液型  B型
    出身地  青森県北津軽郡
    性別   男性
    交際ステータス 独身

    ホームページ http://www.asahi-net.or.jp/~FV6N-TNSK
    twitter @tonosaki_norio
    Facebook http://ja-jp.facebook.com/tonosaki.norio
    jognote http://www.jognote.com/users/122238

    ※このページ下の Facebook01.jpg Facebook02.jpg にキャッシュとして保存


    がんばれ!!ゲイツ君とは
    http://www.asahi-net.or.jp/~FV6N-TNSK/gates
    1996年10月から現在までのべ300回以上も連載されている「コラム」と称するもの。
    内容についてはIT関連のニュース等をネタにしそれに(当人が言うところの)「ユーモア」「ジョーク」を交え批評するという体裁であるが、その大部分はマイクロソフト社(の製品、経営姿勢、企業体質、社員など)を貶める内容になっており、全ての内容に問題があるわけではないものの、 明らかに精神、人格に大いなる異常があると見られるほど 一方的な思い込みによる決めつけや、無理矢理悪いイメージに仕立て上げようとするねじ曲げ、素性の明らかでない情報源に拠った貶めなどの誹謗中傷、名誉毀損的言動が山ほど存在している。
    中には信奉している同類と思われる者も存在するようだが、大多数の人にとっては 「電波系トンデモサイト」 と捉えるのが適切だと思われる。


    しかし、最近(2011年11月)その正体が 「新日鉄ソリューションズ」 http://www.ns-sol.co.jpという、単体でも非常に有名かつ大手のSIerに長年勤務してた社員であり、また「新日鉄」といえば長い伝統を誇る日本を代表する超大企業グループであり、 とても単なる「電波系トンデモサイト」として済ますわけにはいかなくなった ので、同社への電突などを踏まえその実態を明らかにしていきたい。

  •  外崎氏は「がんばれ!!ゲイツ君」の
     梅津氏は「真・窓と林檎の物語」のWebpageの主催者です。
     270ページ程で気軽に読めると思います。

     一見非常に面白可笑しく書かれていますが、WinTel一辺倒な思考に含む問題がちりばめられています。是非御一読下さい。

全3件中 1 - 3件を表示

マイクロソフト・シンドローム―コンピュータはこれでいいのか!?を本棚に登録しているひと

マイクロソフト・シンドローム―コンピュータはこれでいいのか!?を本棚に「積読」で登録しているひと

マイクロソフト・シンドローム―コンピュータはこれでいいのか!?はこんな本です

ツイートする