「キャバクラ」の心理学―「いい気」にさせて通わせるエモーショナル・マーケティングの真髄

  • 45人登録
  • 2.64評価
    • (0)
    • (0)
    • (10)
    • (3)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 山本信幸
  • オーエス出版 (2000年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871908580

「キャバクラ」の心理学―「いい気」にさせて通わせるエモーショナル・マーケティングの真髄の感想・レビュー・書評

  • お客さんを教育していくというのがすごいと思いました。

    世間一般的に考えると高い金額を、またそれでも訪れたいと思わせる夢の世界。
    そこで満たされるサービスが、
    満足感としてお客さんに充分に還元されているところがすごい!
    心をつかむリピート術。
    損はしてない、気持ちよくさせる高等技術だと思いました。

    私は女性なので、驚くことが多々ありましたが、
    けしてやましい事をして儲けるということではなく、
    それはそれでまた考え抜かれたシステムの経営戦略だなと思わされました。

  • 水商売を真剣にやっていこうとしたときに読んでたもの。
    人と人と(キャバ嬢とお客様)のつながりについて考えされられました。

  • 2000年刊行。

     著者の「キャパクラの○○○」シリーズの一著。軽い読み物としては面白いし、かの業態の一般的な裏事情を知ることができる。
     ただし、これを知れば、キャパクラに行くことが、つまりあからさまな散財がバカバカしくなるかもしれない。

  • エモーショナル・マーケティイングを知りたくて読書。

    お客さんを教育するって要素は外資系のサービスの考えにあるように思う。日本系のサービスだと弱い部分かもしれない。エモーショナル・マーケティングよりもコールドリーディングの要素も強いように感じる。

    キャバクラ1回しか行ったことないけど、気持ちよくお金を出すサービスって確かに存在すると思う。

    読書時間:約50分

全4件中 1 - 4件を表示

「キャバクラ」の心理学―「いい気」にさせて通わせるエモーショナル・マーケティングの真髄を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「キャバクラ」の心理学―「いい気」にさせて通わせるエモーショナル・マーケティングの真髄を本棚に「積読」で登録しているひと

「キャバクラ」の心理学―「いい気」にさせて通わせるエモーショナル・マーケティングの真髄はこんな本です

ツイートする