「原子力」のいまがキチッとわかる本―見て、聞いて、歩いて確かめた原子力の基本常識

  • 16人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (1)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 吉田八束
  • オーエス出版 (2002年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871909372

「原子力」のいまがキチッとわかる本―見て、聞いて、歩いて確かめた原子力の基本常識の感想・レビュー・書評

  • 原子力に関しての基本事項がまとめられた本。初心者向けに良いかもしれない。若干原子力は素晴らしい技術だからもっと進めるべき的な感じの文章がちらほら見受けられるのが気になるけど基本的には丁寧な説明に徹しているので良いと思う。

  • 無知な自分にとっては、ずいぶん勉強になった。

  • まだ読み始めたばっかなんだが…この本2002年初版で当たり前ですが震災前の本で…
    『はじめに』の部分で「幸い日本の原子力発電所の安全性は、世界的にも定評があります」って…読んでて「うわぁあー」ってなった…

  • 闇雲に怖がるのはイヤだったので、この事態になってる現状ですが、あえて読んでみました。原子力ってなに?放射能ってなに?という疑問が、分かり易く解説されていました。物理に詳しくなったような気分も味わえます。

  • 原子力発電推進のための啓蒙書

    安全で明るい未来を築くためには原子力が必要

    5重の防壁で安全性を維持している

    地震対策は万全、強固な岩盤の上に建設

    放射線は徹底管理、放射線は医療・農業分野でも活用・・・

全5件中 1 - 5件を表示

「原子力」のいまがキチッとわかる本―見て、聞いて、歩いて確かめた原子力の基本常識を本棚に登録しているひと

「原子力」のいまがキチッとわかる本―見て、聞いて、歩いて確かめた原子力の基本常識を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「原子力」のいまがキチッとわかる本―見て、聞いて、歩いて確かめた原子力の基本常識を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「原子力」のいまがキチッとわかる本―見て、聞いて、歩いて確かめた原子力の基本常識はこんな本です

ツイートする