終りなき世界―90年代の論理

  • 39人登録
  • 3.50評価
    • (4)
    • (2)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 太田出版 (1990年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872330052

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
蓮實 重彦
キェルケゴール
ミシェル・フーコ...
有効な右矢印 無効な右矢印

終りなき世界―90年代の論理の感想・レビュー・書評

全5件中 1 - 5件を表示

終りなき世界―90年代の論理を本棚に登録しているひと

終りなき世界―90年代の論理を本棚に「読みたい」で登録しているひと

終りなき世界―90年代の論理を本棚に「積読」で登録しているひと

終りなき世界―90年代の論理の作品紹介

日米経済摩擦、コメの開放問題、株価の暴落、世界経済の不況の兆し、そしてイラクのクウェート侵攻と戦争の危機。「民主主義」の勝利感のなかで明けた90年代は、数カ月後には、また激しい流動を見せはじめた。新たなる混迷を露呈してきた世界は、今一体どこへ向かって歩みだそうとしているのだろうか。本書によるふたりの白熱の討議を通して、90年代の危機を生きる、新しい論理が提示される。

終りなき世界―90年代の論理はこんな本です

ツイートする