完全自殺マニュアル

  • 1519人登録
  • 3.48評価
    • (146)
    • (144)
    • (483)
    • (19)
    • (16)
  • 254レビュー
著者 : 鶴見済
  • 太田出版 (1993年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872331264

完全自殺マニュアルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 生き方を説いている本は腐るほどあるけど、死に方を説いている本はそれほど多くはないこの世の中。
    各種自殺方法の苦痛・手間・見苦しさ・迷惑・インパクト・致死度を5段階で表し、ケーススタディや例外、未遂に終わった自殺実施者のコメントもあるので、どうすれば確実に死ぬことができるか、どのような死に方が自分に適しているか等を検討できます。
    有害図書指定を受けるのも頷けます。

  • 中学の頃、かなり一世を風靡して、これ持って樹海で自殺したワカモノなんか出て
    ザ・ワイドで毎日批判してたものだったが、私にとっては最高の娯楽。
    鶴見なる東大出身の作者のこだわりが余すところなく発揮されている。素晴らしい。
    単に読み物としても、ケース・スタディは充実しているし、
    まず「本当に自殺したい人のための本」という軸がぶれないのがいい。
    自殺は是か非か、そこを問う本ならいくらでもあるのだ。そこが画期的だった。
    樹海に住むという坊主、生活保護にも疲れ、抱き合って餓死した姉妹、
    親族にやられつづけ叔父の庭で焼死した中学生の女子、青函トンネルの線路内で
    轢死した女性、薬を飲み自分の死の直前まで記録をつけつづけた青年…
    犯罪は一様に美化できないが、自殺はドラマであると思う。そこには学ぶものよりも多く、
    感じ入る、だれにも真似できない物語がある。この本はそれを淡々とつづる。
    「ぼくの知人に、エンジェルダストという、飲むとわけわかんなくなって飛び降りでも平気でできちゃうドラッグを、いつも首からさげているやつがいる。
    いざとなったらこれ飲んで死んじゃえばいいんだから、と、定職にもつかずぶらぶらしている。
    この本が、あなたにとってのエンジェルダストになればいい」(記憶あいまい)
    という前記の作者の記述が、すべてをあらわしている、と思う。

  • 1993年出版の本。話題になっていたのか、タイトルは知っていたので、図書館で借りてみた。

    タイトルのとおり、色々な自殺の方法が淡々と書かれている。首吊りが最も苦しまず、未遂率が低く、簡単にできるものだとある。

    「服薬」による自殺の章では、薬局で誰でも買える薬の名前がたくさんあげられている。そういった薬を大量に飲むらしい。現在では状況は変わっていると思う(医者の処方が必要とか)が、死が身近にあるんだなと不思議な驚きがある。

    「手首・頸動脈切り」の章が読んでいて一番しんどかった。自分の手首にカッターナイフを当てるだけなので、簡単にイメージができてしまう。そのイメージが怖い。

    良くも悪くも、死というものを考える機会にはなったと思う。でも、全体を読んでいて、文の調子の軽さや自殺するのが良いことのように書いているのに違和感がある。自殺を試みて生き残ったケースをあげて、それを残念なことのように書いている。

    また、この本が出版された1993年という時代を感じる。「生きづらさ」という言葉がよく出てくる。この頃に比べると、現代は生きやすくなっているのか?自殺者数はどう変わっているのだろう?


    軽くネット検索してみた。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%8C%E5%85%A8%E8%87%AA%E6%AE%BA%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB
    ・本書は「生きづらさ問題」の先駆け。以前はよく見られた自殺者の心の弱さを責める言説は姿を消した。
    ・本書のブームとなった発売年と翌年の2年間は自殺者数は減少した。
    ・本書が主たる原因とされる自殺事例は、確認されていない。


    ショッキングなタイトルだが、世の中を変えた1冊と言えるのかもしれない。死を考えて、自分を考えるきっかけにはなると思う。

    「何か辛いことがあれば、その時に死ねばいい」と考えていれば、ひとまず前に進むことができる。家族や身近な人のことを考えると、なかなかそうも言えないが。

  • 事細かな死の詳細さを全面に出す作品は珍しい。
    誰しもが1度は考える『死』。
    生きる事を放棄したくなった時、崖っぷちに立った時、人生を投げ捨てる事がいかに容易かを感じさせられた。
    ある意味、お守りのような1冊。

  • タイトルのとおり、自殺についての記述しかない。

    しかも、詳細な事例と方法の説明つき。

    この本は、もう戻ってこれない人に対しては自殺教唆本、まだ踏みとどまれる人にとっては抑制本になると思う。

    私も「こんなに簡単に死ねるんなら、いま死ななくてもいいや」と考えさせられた。

    気楽に勧めることはできないが、下手な「絶対に死んじゃダメだ!」っていう本よりも感覚に訴えるものがあると思う。

  • 後学のためにw

  • 様々な自殺方法についてどれくらい危険だとか難しいとか致死率とか、遺体がどうなるかとか書いてある。その自殺を実行した人の話を読んで自分はまだまだだなと思う。これを読んで死んでやろうという気にはまったくならなかった。なるほどなるほどと軽く読める。なんとなく気になって買ってしまった、なんだか不思議な本。人生はじめての18禁。

  • 結論としては、「首吊りでFA」。

    さまざまな自殺方法について「致死量」「確実性」「実行に移すまでの手間」「迷惑度」「遺体がその後どうなるか」「失敗時の後遺症」などのさまざまな観点から淡々と考察している。
    また、富士の樹海をはじめとする有名な自殺スポットに関してもコラムで場所ごとに詳しく紹介している。
    いざ死のうと思っても、そのためにどのようなプロセスを踏む必要があるかがよくまとまっている。

    読んでて少し気分が悪くなった。「淡々と自殺の方法」が書かれてるだけの内容なんだけど、情緒不安定だったり、グロテスクな表現が苦手だったりする人には刺激が強い内容。
    その刺激の強さも相まって薬物ごとの詳しい致死量や、首吊りの正しい手順などは覚えきれない。本気で自殺するならその前にもう一度目を通す必要がありそう。

    個人的に最も面白かったのは「ケーススタディ」。自殺方法ごとに、各々の自殺方法で実際に自殺を試みた人や自殺した人の事例が紹介されている。

  • やっぱり夢に出てしまった。
    血生臭いのとか、自分が向いてないのは凄くよくわかった。
    首吊りとかって、低い所、例えば、ドアノブに引っ掛けて自殺、という事も、今まで何故それで自殺が出来るのか不思議だったがやっと謎が解けた。

    色々な死に方があるが、どのような仕組みで人が死ぬのか、図入りで書かれているものもあり、大変ためになった。

  • 死ぬのを躊躇わせる為の本かな?と思って読み出したけれど、全然違った。
    手首・頸動脈切りの話では思わず顔をしかめる
    自死する人の背中を押す本にもなり得るだろうけれど、中途半端な方法を取って未遂になった場合どうなるのかも書いてあって生半可な気持ちで自死しようとしている人を止める本にもなりそうな気がした

    死ぬのにも根気がいるのね

全254件中 1 - 10件を表示

鶴見済の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

完全自殺マニュアルに関連する談話室の質問

完全自殺マニュアルを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

完全自殺マニュアルを本棚に「積読」で登録しているひと

完全自殺マニュアルの作品紹介

薬局で買える死ねるクスリから、最も安楽に死ねる方法まで、聖書より役に立つ、コトバによる自殺装置。

ツイートする