クリエーター・編集者のための引用ハンドブック (ユニ知的所有権ブックス)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 太田出版 (1998年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872334296

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

クリエーター・編集者のための引用ハンドブック (ユニ知的所有権ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 12月14日読了。私はクリエイターでも編集者でもないがちょっと気になったので読んでみた。「引用」のルールに従って原典を引用する行為が「引用」であり、「無断引用」という言葉はそれ自体が誤用なのか。原典の要約は不可だがかといって作品全体を引用するのは好ましくなく、「適切に判断すること」といったってそれはどうしたらいいんだ!?結局引用する際には過去事例をまず参照し、原則として原典の著作者に許可を求める(不要なケースもある)ということが必要になるのだな。ブログでも引用のルールは適用されるのか?気をつけよう。

全1件中 1 - 1件を表示

クリエーター・編集者のための引用ハンドブック (ユニ知的所有権ブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クリエーター・編集者のための引用ハンドブック (ユニ知的所有権ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クリエーター・編集者のための引用ハンドブック (ユニ知的所有権ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

クリエーター・編集者のための引用ハンドブック (ユニ知的所有権ブックス)の作品紹介

「無断引用」「引用の許可をください」という無知ゆえの珍妙な表現が後をたたない。「引用」とは、要件を適法に満たすことで他人の著作物を無料かつ無断で利用できる著作権法の規定なのだ。なぜこの法律をもっと活用しないのか?!いまや著作権相談の大半は「引用」に関連する問題。著作権法第三十二条の「引用」規定をフルに活用し、トラブルを避け、先人の努力を有効に生かしながらあなたの著作物をより充実した豊かなものにするためにはいかにすべきか。本書は多数の実用的ヒント、実例とともに「引用」の核心を明快に説いた魔法の杖ともいうべき初めての実践的ハンドブックである。

クリエーター・編集者のための引用ハンドブック (ユニ知的所有権ブックス)はこんな本です

ツイートする