大葬儀 (F×COMICS)

  • 92人登録
  • 3.51評価
    • (6)
    • (10)
    • (27)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 駕籠真太郎
  • 太田出版 (2002年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872336733

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
駕籠 真太郎
駕籠 真太郎
駕籠真太郎
駕籠 真太郎
浅野 いにお
駕籠真太郎
駕籠 真太郎
駕籠 真太郎
大越 孝太郎
中村 明日美子
古屋 兎丸
有効な右矢印 無効な右矢印

大葬儀 (F×COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 以前は期待しすぎたせいで「超電脳パラタクシス」を楽しめなかったが、本作は十分に楽しめた。
    いわばアイデア一発の出落ちを、ひねったりねじったり折り曲げたりして楽しむ、という作り。
    徹底的な思考実験というか。
    淡々としたコマ割がその作風にぴったり。
    山本直樹の親戚として読んでもよさそう。

  • もっとオタンビな雰囲気だと思っていたのでそこはちょっと残念でしたが、タイトルは好きです。

  • ほとんど性的な短編。
    棒は穴の中に入って気持ちいい。
    それがどんな穴でも。
    右手の骨の抜いた手の穴でも。

    この駕籠さん作品は個人的に1,2位を争う名作。
    エロとグロは表裏一体。
    エロスとタナトス。
    リビドーとデストルドー。
    人間はセックスするか死ぬかしかないのだから……。

  • 短編集。
    「大葬儀」「大蒐集」「大試練」「大終末」「大酔狂」「紺野しぐれの幸福なる日々」「遠目塚先生の優雅な愉しみ」「西川ちえりと愉快な仲間」「DISC」以上9編。

  • カゴシン漫画は、ダルマとかウンコとか病気とかでグロいんだけど、なーんか暗く重たい気分にはならないのです。手足がモゲようと人が死のうと、何が起ころうと淡々としていて、『別にたいした事じゃ無いー』って思って読めて軽くて良い。カゴシン大好き!! 

  • えらい事になったな!!

  •  駕籠 真太郎はこれから長く向き合っていこうと思う、彼は深い。
    私は、彼の世界観をどれだけ知る事ができるかわからない。しかし、彼の非凡さは顕著に現れている。まずは大葬儀を読んでみてはいかがだろう? 世の中がもっと広く、また残酷に見えるに違いない。

全7件中 1 - 7件を表示

大葬儀 (F×COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大葬儀 (F×COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大葬儀 (F×COMICS)はこんなマンガです

大葬儀 (F×COMICS)のKindle版

ツイートする