昭和の劇―映画脚本家・笠原和夫

  • 57人登録
  • 4.23評価
    • (15)
    • (2)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
  • 太田出版 (2002年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (605ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872336955

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

昭和の劇―映画脚本家・笠原和夫の感想・レビュー・書評

  • 脚本を書くために徹底的な下調べをすることで知られる脚本家 笠原和夫による昭和裏歴史。

  • 「日本侠客伝」「仁義なき戦い」「二百三高地」など、数多くの傑作を手掛けた名脚本家が、二人のインタヴュアー相手に語る極上の日本映画史。ヤクザ・暴力団・戦争・テロ・共産党など、幅広いテーマを綿密な取材で描きつくすその姿は、さながら映画脚本を通じて、近現代日本史の総まとめを一人でやっているかのようだ。難しい話は抜きにしても、著名監督・俳優などの面白いエピソードがてんこ盛りで、映画ファンには真っ先にお勧めしたい本。 (走る書店員)

  •  『仁義なき戦い』の脚本に魅せられて、笠原和夫という人間がもっと知りたくなる。東映に入社するまでの半生は『妖しの民と生まれきて』に詳しく記されているが、ここでは東映入社後の映画脚本家としての闘いぶりについて、思いの丈を存分に語っており、600ページを越える大冊となっている。
     綿密な資料の読み込みと関係者への取材があるからこそ、リアルな映画が生まれたことがよくわかる。膨大な人物の名前がポンポンと出てきて、その記憶力にも驚かされる。そして、取材を通して得られた、驚くべき事実(?)も明かされる。2.26事件の裏には昭和天皇と秩父宮の後継争いがあった、福澤諭吉の父は自殺していた、吉田茂は女郎の子であった等々。
     戦争で同年代の仲間を死なせているだけに、天皇への批判も激烈だ。「裕仁が個人で何を考えていようとも、あの人は第一級の戦犯ですよ。これは間違いなく戦犯です。それは誰が見たってそうであってね。それなのに、何の処罰もされず、戦後ぬくぬくと来たということ、これは絶対に許しがたいいんですね。できれば自決してほしかったですね」とまで口にしている。笠原が、「昭和」にこだわったのは、昭和天皇が即位した翌年に生まれ、その天皇の軍隊に所属したことから来ているに違いない。
     笠原和夫が脚本を手がけた映画を、台詞を噛みしめながら観ることで、昭和という時代が何であったのか、改めて考えてみたくなった。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    膨大な取材、激烈な作劇で斬り込む昭和の闇と刺し違えた日本最大の脚本家。

  • 「仁義なき戦い」の脚本家・笠原和夫へのインタビューからなるう本だけれど、映画本というより歴史書のような本。
    素晴らしい作品は、徹底した取材から生まれると思っている自分にとっては、正にその手本のよう。
    読み出したら止まらない傑作だと思います。

  • 新発田藩 官軍に寝返る

  • 映画書というより、日本現代史の暗部について最も洞察に富んだ書。取材のすさまじさと、それをまとめる作劇に見せる恨みの深さに圧倒される。

  • インタヴュアーのフアン。二人のドキュメンタリー作品。笠原作品『仁義…』後期以降、離れる。

  • 戦後映画史、並びに日本近代史の最高の副読本にして、シネムック史上屈指の大傑作。

全10件中 1 - 10件を表示

昭和の劇―映画脚本家・笠原和夫を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

昭和の劇―映画脚本家・笠原和夫を本棚に「積読」で登録しているひと

昭和の劇―映画脚本家・笠原和夫の作品紹介

膨大な取材、激烈な作劇で斬り込む昭和の闇と刺し違えた日本最大の脚本家。

昭和の劇―映画脚本家・笠原和夫はこんな本です

ツイートする