ブクログ大賞

それを言ったらおしまいよ (F×comics)

  • 1124人登録
  • 3.46評価
    • (79)
    • (135)
    • (330)
    • (18)
    • (6)
  • 92レビュー
  • 太田出版 (2004年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872337983

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

それを言ったらおしまいよ (F×comics)の感想・レビュー・書評

  • Amazonの解説見るとBLかと思ってしまいますがレーベルがF×comicsなので、ボーイズがラブしてる話というよりは、性と愛を扱った作品集。男女の話もあります。

    「ある5月」がグサッときた。
    私がよしながさんのBLを昔苦手に感じたのは、ゲイが出てくるBLが苦手だからだと思い込んでたんだけど、そうではなかったことに気づいた。現実逃避のためにBL読んだら、現実を突きつけられるからだったのだ…!(『大奥』や『ジェラールとジャック』みたいな時代物は、舞台が現代じゃないので、ちょっと現実逃避できるから大丈夫だったということ)

    「ある5月」の夫婦が破局した理由は、価値観の相違なんて生温いものとは思えない。夫はこの妻とでは、人と人との対等な付き合いなどできないと絶望したんだろう。男性に隷属するしかできないような生き方では、本当に人間として向き合ってくれる男性とは一緒になれないんですね。自立しなきゃな…。

    他の作品もみんな素敵でした。
    アンドロイドの話はロマンチックだと思う。

  • 表題作が良かった~。高校時代からの親友とか好物すぎて!高校時代から親友が可愛く見えてたって!萌える。よしながさんの描く話は雰囲気ありますね~。表題作以外はシュールだったなぁ。

  • さすがはよしながセンセイすべて短編なのに濃いこと!どれも納得する終わり方だけれど、続きがあったら読んでみたい作品。セクサロイドもいいし、幼馴染も最高です。というか、セクサロイドのハーレム(笑)。

  • 「ハラヘリなのニャ」

    モスバーガーくいてえええええええ

  • 今までとの作風とは少し趣の違う短編集。
    「私の永遠の恋人」はタイトルの意味が分かると面白い。

  • 医者×作詞家

  • 表題作は可愛らしい(?)めのBLですが、個人的にインパクト大だったのはアンドロイドものの「私の永遠の恋人」。案外よしながふみのSFテイストってレアな気が。BLどころか初老の男女のけだるい感じが純文学風な「ある五月」も異色作。

    ※収録作品
    「それを言ったらおしまいよ」「私の永遠の恋人」「おとぎの国」「ある五月」「ピアニスト」

  • フェロモン受けに苦悩するノンけ。

  • よしながさんて人描くの上手い。面白い。
    逡巡したり苦しんだりしてる人面白い。

  • 個人的にお気に入りなのは、「ピアニスト」色々と妄想して願いが叶うのかもしれないと思いつつ、そんな美味い話もなく、でも生き方の方向修正をできたのはよかったんじゃないだろうか…。
    「ある5月」は本当になんというか、どうにかならなかったのだろうか…という切なさが残る話。
    何かが根本から食い違ってるということがあって、どうやっても修正できないというのはほんと切ない通り越してやるせない…。
    SF2作「おとぎの国」も「私の永遠の恋人」もまた切ないラストでしたな…。
    表題作のようなよしながさんの短編をもう少し読んでみたいなぁ。

  • 原点であるBL。
    エロシーンもあり。

    お話も凝ってて面白かったな。

    でもやっぱこの人の作品はノーマルでいいや。

  • おいしいハンバーガーが食べたくなるおね。戸惑い系攻めのヨさに気づいたお。「みんなちがって みんないい」

  • 苦い話が多かった。
    表題作は割と好き。
    単にわたしがハッピーエンド以外が苦手というのもあるだろうが…。

  • 他の漫画家さんほか著名人の方々との対談本。

    多分あんまり年かわらないんじゃないかという。
    よしながさん。

    どうやら「おたく的な部分」(漫画のルーツとか)にすごく共通点があると思います。

    お話してみたいなぁー。

  • BLカテに入れたけどNLもありの短編集。
    表題はテンポよく後味もよろしく明るい気持ちで読めたんだけど、あとに続く作品群は比較的ダークなものが多くて、どれもおもしろいんだけど、ちょっと今のテンションに合わなくて少しばかし落ち込んでしまった。やっぱ基本的にはハピエン主義なので。
    書き下ろし「ピアニスト」は、あれをハッピーエンドと呼んでいいのかどうか怪しいけれど、ほっとする終わり方だったので安心した、かな。全体的にやるせないよ。

  • それを言ったらおしまいよ
    ┗29で可愛いなんてあり得ないし、可愛さに理性が利かなくなることもあり得ない。
    とか、ちょっと思ってしまった。可愛いなぁちくしょう。

    私の永遠の恋人
    ┗そんなオチとか…!

    おとぎの国
    ┗可哀想。

    ある五月
    ┗私にはちょっと…。

    ピアニスト
    ┗全体的に報われたかなー!

  • これは短編集

    ええBLですとも
    ただガッツリ絡んでるドエロシーンはそんなに無い
    ソフトなBLですwww

    個人的に表題作の『それを言ったらおしまいよ』も好きだけど
    『永遠の恋人』が秀逸だとおもう

  • 何度も、読んだほうがいいですか?
    って確認したけど、すすめられたので読みました。

    BLでした。

  • ええっと。こんなふうに男の人が男の人を好きになるもんなの?って、それを言ったらおしまいか。。。その手の短編集です。中では異色になるのかな、粘着質な女の人と結婚した大学教授が結局うまくいかなくて離婚する話が怖くてしっかりとは読めなかった。かつて神童と言われたおっさんピアニストが、近づいてきたちょっと好みの若者にときめいて、誤解とわかった脱力感から生きる力をもらっちゃう話、なんとなく身につまされそうでほろっとなります。おばちゃんになった証拠かしらね…

  • だめだ。

    読んでみたものの、やはりよしながさん作品は合わず即効売っちゃった。

  • よしながさんであった。短編はいかんな。

  • はらへりなのニャ。

  • 深すぎてよくわからなかった・・・!

  • これはBL・・・なのかな。いや確かにBLなんだけども。
    「本当に、やさしい」とこれを読んだら、多分BL界のよしなが作品導入偏としてはほぼ完璧と言える短編集。
    多分、身近に大奥や西洋骨董洋菓子店でよしながふみに出会って、こっちもちょっと読んでみたいけどでも・・と思ってるBLに免疫の無い人が居たらとりあえず私はこれを貸す。
    これで駄目なら多分全部駄目だし、これが良いと思ってもらえたら同時にBLってただのポルノじゃねぇよ(っていうかそもそもBLが目指してきたベクトルは性娯楽だけじゃ無いよ)ってことを知ってもらえるきっかけにはなるかもしれない。よしながふみにとっては迷惑な話かもしれないが。

    お勧めは「おとぎの国」と「ピアニスト」

全92件中 1 - 25件を表示

それを言ったらおしまいよ (F×comics)に関連する談話室の質問

それを言ったらおしまいよ (F×comics)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

それを言ったらおしまいよ (F×comics)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

それを言ったらおしまいよ (F×comics)を本棚に「積読」で登録しているひと

それを言ったらおしまいよ (F×comics)のKindle版

ツイートする