三菱とは何か―法人資本主義の終焉と「三菱」の行方

  • 18人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 奥村宏
  • 太田出版 (2004年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872339086

三菱とは何か―法人資本主義の終焉と「三菱」の行方の感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

三菱とは何か―法人資本主義の終焉と「三菱」の行方を本棚に「読みたい」で登録しているひと

三菱とは何か―法人資本主義の終焉と「三菱」の行方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

三菱とは何か―法人資本主義の終焉と「三菱」の行方を本棚に「積読」で登録しているひと

三菱とは何か―法人資本主義の終焉と「三菱」の行方の作品紹介

三菱自動車、三菱重工などで数々の不祥事が噴出する一方、三菱東京フィナンシャル・グループとUFJホールディングスの合併など、大きなうねりの中で揺れ動く日本の会社組織の象徴「三菱」。転換期にある日本経済を「三菱」を通して鋭く見通す、著者渾身の緊急論考!奥村経済批評の核心がすべてここに集約。

三菱とは何か―法人資本主義の終焉と「三菱」の行方はこんな本です

ツイートする