強く生きる言葉

  • 1308人登録
  • 3.82評価
    • (172)
    • (126)
    • (251)
    • (9)
    • (1)
  • 158レビュー
  • イースト・プレス (2003年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872573251

強く生きる言葉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「芸術は爆発だ!」の言葉はとても有名なので本書を読む前からしっていました。
    ただ解釈の仕方が間違っていたことに本を読んで気付きました。本を読むまでは、自分の内なる何かが爆発して、それを形にしたものが”芸術”である。と、そんな風に勝手に解釈していました。

    しかし、本書をよめば、岡本太郎氏は「芸術ってのは生きることだ」と前提をおいています。つまり「生きることは爆発だ」。
    そして、爆発とは何か。
    岡本太郎氏は、「駄目なら駄目人間でいいから、やりたいと思ったことは、制約しないで何でも挑戦しなさい!」ということを強く書いています。
    「芸術は爆発だ」すごく深いなと思いました。

  • ものすごいパワー。圧倒された。
    「本職は人間だ」とはっきり言える強さ。
    ハッとさせられる言葉の数々。
    パワーが欲しい時に何度も読み返したい。

  • 「いいかい、怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むんだ。やってごらん。」
    日々の生活の中でこの言葉が染みつきました。

  • 岡本太郎だから言えることだよなあ・・・とは思う

  • 「壁をやぶる言葉」も同じだけど、モニョモニョしてるときに\ササッ/と適当にページを開いて、ひとこと読んで閉じる本。なんか流れを変えたい時に使う本です。1ページにつきひとことだけなので、読み終わったとか終らないとかはあまり関係なかったり。イメージで言うとフリスクみたいな感じ。

  • 魂を揺さぶられる言葉がたくさんありました。
    自分も岡本太郎のように、命を賭けて激しく生きたい。

  • 語録、編纂本。なにせ60年代は外が騒然とした時代だったからね。 31

  • 本書を読んで「太陽の塔」と「芸術は爆発だ!」しかなかった岡本太郎さんのイメージが一変した。岡本さんは芸術家である以上に教養人で武士道精神の体現者だ。折々に手に取り、喝を注入しよう。

  • 1ページ1発言でまとめられている。

    どこから読みだしてもOK。

    TVで突飛な言動をして、周りを困らせるという場面しか知らない人は芸術家って変な人、変わっている人だなと言う印象で見ていたと思うが、この本を読むことで、あの行動の裏にある熱い心を知り、納得できるのではないかと思った。

  • 自分に甘ったれるなって、奮い立たせてくれる一冊。
    他のよくある自己啓発本とは、違った視点だ。
    本気で人生、生きた人の言葉は、胸につきささる。

全158件中 1 - 10件を表示

岡本太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

強く生きる言葉に関連する談話室の質問

強く生きる言葉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

強く生きる言葉を本棚に「積読」で登録しているひと

強く生きる言葉のKindle版

ツイートする